★★トマーティン レガシー

「トマーティン レガシー(Tomatin Legacy)」です。

トマーティン蒸留所

蒸留所は標高315mにあり、スコットランドで一番標高の高いシングルモルト蒸留所。
日本企業が最初に保有したスコットランドの蒸留所で、日本では国分グループが代理店を務める。

場所 トマーティン村
インヴァネスから25kmほど南東に下った人口500人ほど小さな村。村の近くにはネッシーで有名なネス湖がある
由来 ゲール語で「杜松(ネズ)の木の茂る丘」
*杜松の木は燃やしても煙の量が少ないことから、この地域では18世紀からウイスキーの密造が盛んに行われていた。
仕込水 「オルタ・ナ・フリス(Alt-na Frith or Free Burn)」
別名「自由の小川」。モナリアス山系から花崗岩の間を時間をかけて流れて出た程よい軟水。

1897年、3人の男と投資家達によりにトマーティン・スペイ蒸留所(Tomatin Spey Distillery)として創業。
1906年すぐに創業を停止し、1909年に新しいオーナーのもとで操業再開。
1956年にポットスチルを2→4基に増設したことを皮切りに大幅な設備拡充を行ない、1970年代には現在のグレンフィディック蒸留所と同規模のスコットランド最大の蒸留所となる。
当時は原酒の大半はブレンデッド用として使用されていたが、1980年頃からブレンデッドウイスキーの需要が世界的に落ち込むと蒸留所の経営も悪化し、1986年に主要取引先であった宝酒造と大倉商事(現在は丸紅)によって買収されます。
これ以降、最盛期には年間1,250万Lまであった生産量を2万Lにまで減らし、品質を追求するようになりました。2014年にはブランドを一新し、アメリカ市場でも人気のあるシングルモルトの1つとなりました。

    • 蒸留所敷地内には30軒近くの住居が用意されていて、従業員の8割近くが暮らしています。中には何世代にも渡って働き続けるスタッフが多くいるそうです。
    • 蒸留所見学では最盛期に使用されていた様々な器具が展示されていて、マッシュタンの中に入るという非常に貴重な体験も出来ます。

トマーティン レガシー

Legacyとは「受け継がれる遺産/財産」で、蒸留所が積み重ねてきたものを継承したいという思いから命名されました。熟成年数は明記されていないノンビンテージボトルですが、原酒の選別にあたっては蒸留所のスタッフの投票によって決定されたそうです。
バーボン樽熟成の原酒と、アメリカンオークの新樽で熟成された原酒をヴァッティングし、オーク樽由来の甘く力強い香りと軽やかでデリケートな味わいが特長、爽やかさと繊細さが感じられるバランスの良い味わいとのことです。

  • 生産国:スコットランド
  • 販売元:宝酒造/トマーティン・ディスティラリー
  • 原材料:モルト
  • ジャンル:シングルモルト
  • アルコール度数:43%
  • 購入日:2020年7月

ストレートではアルコールの刺激が感じられますが、はちみつのような甘さもしっかりと感じられます。
ロックでは、甘さが前に出てきて軽やかな味わいになります。
水割りにしてみると、なぜか随分と水っぽくなってしまいます。ハイボールでも同様。

パンチが足りないというのが率直な感想ですが、お手頃価格のシングルモルトとしてストレートやロックで楽しめると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました