アメリカンウイスキー一覧

アメリカンウイスキーの歴史

米国禁酒法時代など不遇の時代がありましたが1950年代から復興を遂げている。
現在はトウモロコシを原料として連続式蒸留器で蒸留したバーボンウイスキーが主流だが、初期のアメリカンウイスキーはライウイスキーであったと言われており、初代大統領のジョージ・ワシントンも若い頃にライウイスキーを製造販売していた。

近年ではクラフトウイスキーの人気もあり、2000近くもの蒸留所がある。

アメリカンウイスキーの定義・製法

広大な国土ゆえに様々な穀物を原料としたウイスキーが作られていて、合衆国の連邦規則集でも以下のように細かく定義されている。(アメリカから輸出される蒸留酒については適用外)

  • 穀物が原料で、
  • アルコール度数が95%未満で蒸留した後、
  • 熟成前の樽詰めの段階でアルコール度数が62.5%以下で、
  • オーク樽で熟成させたもの(コーンウイスキーは熟成は不要)、
  • もしくは上記にスピリッツをブレンドしたもので、
  • アルコール度数40%以上で瓶詰めしたもの

更に、アメリカンウイスキーの中でも主原料や製法の違いによって以下の種類に分類される。

バーボンウイスキー
合衆国発足の1789年、エライジャ・クレイグ牧師によって作られ始めたのが最初といわれている。
かつてはケンタッキー州バーボン郡で生産されたコーンウイスキーのみを指していたが、現在アメリカ国内で消費・宣伝されるバーボンウイスキーは以下の要件を満たしている必要がある。(米国外での定義は国によって異なりますが、多くは以下に準拠)

    • アメリカ合衆国で製造されていること(ケンタッキー州とは限っていない)
    • 原料としてトウモロコシを51%以上使用していること
    • アルコール度数80%以下で蒸留されていること
    • 内側を焦がしたオークの新樽で熟成すること
    • 熟成の樽入れ前のアルコール度数(エントリープルーフ)は62.5%以下であること
    • 瓶詰め時のアルコール度数は40%以上であること
    • 熟成4年未満の場合ラベルに熟成期間を明記

近年はケンタッキー州以外でつくられたウイスキーも基準を満たしていれば「バーボン」と呼ばれる傾向にあるが、上記を満たし、更にケンタッキー州で生産され、最低1年熟成したウイスキーはケンタッキーバーボンと呼ばれる。

近年では、樽同士のブレンドを行わずに少量を瓶詰めしたシングルバレルバーボンや、数~数十種類の樽をブレンドしたスモールバッチバーボンブティックバーボンなど、コンセプトバーボンと呼ばれる新しいスタイルにも注目が集まっている。

他にも原料として使用される穀物により、以下のウイスキーが定義されている。

  • ライウイスキー:原料がライ麦51%以上で、内側を焦がしたオーク新樽で熟成。
  • ホイートウイスキー:原料が小麦51%以上で、内側を焦がしたオーク新樽で熟成。
  • コーンウイスキー:原料がトウモロコシ80%以上で、古いオーク樽または内側を焦がしていないオーク樽で熟成。
  • モルトウイスキー:大麦51%以上で、内側を焦がしたオーク新樽で熟成。

アメリカンウイスキーには熟成期間に関する規定はないが、熟成期間が2年を超えて、かつ着色料等の添加物が含まれていない場合はストレートウイスキーと呼ばれ、「ストレートバーボンウイスキー」のように頭に”ストレート”とつけることができる。
ストレートウイスキーに他のウイスキーやスピリッツを混ぜたものをブレンデッドウイスキー(アメリカンブレンデッドウイスキー)と呼ばれる。この場合、ストレートウイスキーの割合が20%以上である必要があります。禁酒法後にカナダで開発されアメリカ市場に広まった。
ブレンデッドウイスキーのうち、ストレートバーボンウイスキーを50%以上含むものをブレンデッドバーボンウイスキーと呼びます。

また、連邦規則集に規定はないものの以下のような分類もある。

テネシーウイスキー
バーボンウイスキーに分類されるもののうち、テネシー州で製造され熟成前にテネシー州産サトウカエデの木炭を用いて濾過したもの。ジャックダニエルが博覧会で金賞を受賞したことをきっかけに広く認知されるようになった。

シングルモルト、シングルライモルト
連邦規則集には”シングル”という用語に関する規定はなく、原材料がモルトのみといったわけではない。(一部、スコッチの定義に倣って名付けている場合もあります)
アメリカンウイスキーでこれらの表示があっても、単に同一蒸留所で作られたモルトウイスキーの条件を満たしているだけという可能性もある。

主な蒸留所・ブランド

バートン蒸留所:Barton

クレメンタイン:Clementine
ケンタッキー・ジェントルマン:Kentucky Gentleman
トムムーア:Tom Moore
ベリーオールドバートン:Very Old Barton

バッファロートレース蒸留所:Buffalo Trace/サゼラック

  • バッファロートレース:Buffalo Trace
    2001年販売開始。
  • ブラントン:Blanton’s
  • エンシャントエイジ:Ancient Age
  • ★★★オールドテーラー:OLD TAYLOR
  • オールドリップバンウィンクル:Old Rip Van Winkle
  • ウェラー:W.L. Weller
  • サゼラック ライ:Sazerac Rye
  • ジョージ.T.スタッグ:George T Stagg

2000年以前はエンシャントエイジ蒸留所と呼ばれていた。ウイスキーだけでなくウォッカも製造している。

アーリータイムズ蒸留所:Early Times/ブラウンフォーマン

アーリータイムズ:Early Times
オールドフォレスター:Old Forester

フォアローゼズ蒸留所:Four Roses/キリンHD

ケンタッキー州アンダーソン郡ローレンスバーグ(Lawrenceburg)にある蒸留所。車で20分ほどのところにワイルドターキー蒸留所がある。

1910年に設立されたミッション・リバイバル様式(スペイン修道院様式)の建物で、建物は国家歴史登録財となっている。現在の拡張工事なども当初の建築を手がけたジョセフ&ジョセフ社が手掛けている。

ブランドのルーツは、1888年にポール・ジョーンズ・ジュニア(Paul Jones Jr)が、ウイスキーロウという自身の食料品店での販売のために商標化した「ストレート・バーボン」だと言われている。禁酒法時代にも薬用としてのウイスキー生産が認められていた数少ないブランドの1つ。

ブランドの名称は1943年にシーグラムグループに加わった際に命名されたといわれているが、フォアローゼズを最初に販売したのはルーファス・マシューソン・ローズ(Rufus Mathewson Rose)とも言われており、彼とその兄弟+2人の息子の4名の”Rose”から命名されたと言う説もある。

一方でキリンのWebサイト上ではこんな素敵なエピソードが紹介されている。

それはある舞踏会でのこと。フォアローゼズの生みの親ポール・ジョーンズは、絶世の美女と出会います。一目で恋に落ちたポールは、迷わずプロポーズしました。でも、彼女は彼にこう答えたのです。「どうか次の舞踏会までお待ちください。プロポーズをお受けするなら、薔薇のコサージュをつけてまいります。」そして約束の舞踏会の夜。彼女は4輪の真紅の薔薇を胸に、彼の前に現れたのでした。愛が実った素晴らしい瞬間。そんな素敵なエピソードから、「フォアローゼズ」と名づけられ、ラベルにはふたりを結んだ真紅の薔薇のコサージュが描かれたと言われています。

シーグラムでは、ブレンデッドウイスキーという位置づけで世界展開し、日本でも1971年から発売が開始されていたが、2002年にキリンがオーナーとなって以降、ストレートバーボンウイスキーのブランドとして売り出すことで国内外で人気を復興させた。

  • 原料のライ麦は産地は固定していないものの、ドイツ・スウェーデン・フィンランドなど欧州産を中心に使用。トウモロコシは米国の農家と契約し非遺伝子組み換え品を50年以上仕入れている。
  • 原酒は2種類のマッシュビルと5種類の酵母が組合わされ、計10種の原酒が作り出されている。
    様々な原酒を保有することで、スタンダードなイエローラベルの品質を安定させることができ、さらにはシングルバレルなどのプレミアムバーボンを生み出している。

    • Eマッシュビル トウモロコシ:75%、ライ麦:20%、発芽大麦:5%
    • Bマッシュビル トウモロコシ:60%、ライ麦:35%、発芽大麦:5%
  • 蒸留所から少し離れたコックスクリークにある施設で熟成。
    バレル6段積みで24,000本の樽が収納できる平屋造りの貯蔵庫が30棟近くあり、上の方で寝かせている樽と床に近い位置で寝かせている樽の環境差をなくし、樽のローテーションを行なうコスト削減を図っている。
    同施設でボトリングも行われている。(一部日本とヨーロッパでもボトリング)

ハドソンウイスキー蒸留所:Hudson Whiskey/ウィリアム・グラント&サンズ

米ニューヨーク州タットヒルタウン・スピリッツ社

ヘヴンヒルバーンハイム蒸留所:Heaven Hill Bernheim/ヘブンヒル

  • エライジャ・クレイグ:Elijah Craig
  • エヴァン・ウィリアムス:Evan Williams
  • ★★★ヘヴンヒル オールドスタイル:Heaven Hill Old Style
  • ヘンリー・マッケンナ:Henry McKenna
  • ジョンハミルトン:John Hamilton
  • J.T.S.ブラウン:J.T.S. Brown
  • J.W.ダント:J.W. Dant
  • オールドフィッツジェラルド:Old Fitzgerald
  • リッテンハウス:RITTENHOUSE

ケンタッキー州ルイビルにある蒸留所。
生産量としては全米でも大手のアメリカンウイスキー蒸留所のひとつで、200近いウイスキーブランドを展開している他、ボトラーズに原酒を販売して他社ブランドとしても幅広く展開している。

ヘブンヒル社
アメリカのケンタッキー州バーズタウンに本拠地を置くウイスキーメーカーで、もともと蒸留所があったバーズタウンの農場主の名前がWilliam Heavenであったため、「Heavenhill」と1単語にするつもりが、印刷ミスにより「Heaven Hill」と2単語になった。

米国禁酒法廃止後の1935年に、ジョセフ・L・ビーム(Joseph L. Beam)やシャビラ家(Shapira)など複数の投資家により設立。当時はオールドヘヴンヒルスプリング蒸留所(Old Heaven Hill Spring)と呼ばれていた。
のちにシャピラ家に経営権を握って以降、現在までシャビラ家による家族経営が守られていて、一族経営での独立系ウイスキー蒸留会社としてはアメリカ最大級。
また、創業から関わってきたビーム家との縁も強く、現在でもビーム家の子孫がマスターディスティラーを務めています。
1996年に蒸留施設が落雷によって炎上する事故が発生し、空中で爆発した樽が流れ星のようになり、9万バレルの原酒が引火し”火の川”が出来たと言われている。この事故の影響によりウイスキー生産が滞ってしまったが、ブラウンフォーマンやジムビームのサポートもありながらウイスキーを生産し、1999年にはシェンレー社が保有していたルイビルにあるバーンハイム蒸留所を購入して改装、ヘヴンヒルバーンハイム蒸留所として操業再開を果たして現在に至る。(一部熟成は引き続き旧バーズタウン)

2004年には旧オールドヘヴンヒルスプリング蒸留所にヘリテージセンターを開設。2010年以降には蒸留所の拡張をおこない、バーボンウイスキーとしては現在2番目の貯蔵量を誇る蒸留所となっている。

創業以来マスターディスティラーはビーム家の一族が代々務めていて、イースト菌もビーム社から仕入れています。

マッシュビルは以下のとおり。

  • コーン78%、ライ10%、大麦麦芽12%コーン70%、小麦20%、大麦麦芽10% (フェッツジェラルドなど)

ジムビーム蒸留所:Jim Beam/ビームサントリー

バーボンの売上世界一を誇る蒸留所。

べーシルヘイデン:Basil Hayden’s
ベイカーズ:Baker’s
ブッカーズ:Booker’s
ジムビーム:Jim Beam

 

ノブクリーク:Knob Creek
オールドクロウ:Old Crow
オールド・グランドダッド:Old Grand Dad

ジャックダニエル蒸留所:Jack Daniel’s/ブラウンフォーマン

テネシー州リンチバーグ(Lynchburg)にある蒸留所。

創業者のジャスパー・ニュートン・”ジャック”・ダニエル(Jasper Newton “Jack” Daniel)は、幼い頃の奉公先である牧師兼であり蒸留所オーナーのダン・コール家でチャコール・メローイング製法でのウィスキー製法を学ぶ。
1863年、当時13歳で蒸留所を譲り受けたジャック・ダニエルは、1866年には自分の名をつけたウイスキーを販売、これが現在のジャックダニエルとなりアメリカで初の政府公認の蒸留所となりました。

その後、1904年のセントルイス万国博覧会でオールドNo.7(後のブラックラベル)を出品し、世界各国のウイスキーで唯一の金賞を獲得したことで世界的な知名度を手に入れた。

米国禁酒法時代は蒸留所は閉鎖へと追い込まれ、禁酒法撤廃後に復興を遂げたものの、後継者問題により1957年より現在のブラウンフォーマンの子会社となっています。蒸留所は1972年にアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録。

ジャックダニエル:Jack Daniel’s
  • ジャックダニエル ブラック(テネシー)
    テネシー伝統製法であるチャコール・メローイングで滑らかでメロウな味に仕上げている。バニラやキャラメルの香りとスパイシーな風味が調和します。
  • ジャックダニエル シングルバレル
    熟成のピークに達した最高品質の樽のみをボトリングした世界で唯一のシングルバレル・テネシーウイスキー
  • ジャックダニエル テネシーハニー
  • ジャックダニエル ゴールド
  • ジャックダニエル シナトラ セレクト

 

  • 成分に鉄分が含まれていない、ケープ・スプリングと呼ばれる洞窟の湧き水を使用。
  • 原料はとうもろこし80%にライ麦・大麦麦芽を使用。
  • 樽は自社生産のオークの新樽を使用し、内側を焦がすチャーリングの前にとスティングと呼ばれる低温焼入れ工程を実施。
  • 本社のあるムーア郡は禁酒郡といわれており、禁酒法施行以来現在でも郡内での酒類の販売が禁止されている。蒸留所見学ツアーでも試飲はできませんが、州法の例外規定として蒸留所売店では観光客向けに少量販売されています。
  • 創業間もない頃から蒸留所内で消防団を結成していて、大型消防車も配備されています。
  • フランク・シナトラは蒸留所が有名になる以前から愛飲していて、彼の亡骸はボトルとともに埋葬されました。
ジェントルマン・ジャック:Gentleman Jack

2度のチャコール・メローイングを行なっている。

メーカーズマーク蒸留所:Maker’s Mark/ビームサントリー

  • ★★★メーカーズマーク スタンダード:Maker’s Mark
  • メーカーズマーク 46
    「46」は特別な製造工程の数。熟成した原酒樽の中にインナーステーブと呼ばれる焦がしたフレンチオークの板を10枚沈め、さらに数ヵ月後熟。
  • メーカーズマーク カスクストレングス:Cask Strength
    樽原酒を薄めずボトリング。アルコール度数は54%。

ケンタッキー州ロレット(Loretto)にある蒸留所。
トレードマーク赤い封蝋も含め、手作業による工程にこだわっており、メジャーなブランドながらもクラフトウイスキーと謳われています。

ブランドの歴史は、1780年に北アイルランド系移民の一族であったロバート・サミュエルズがケンタッキーで農業とウイスキーづくりを始めた時に遡る。
ロバートの孫の3代目テーラー・ウィリアム・サミュエルズが1840年頃に蒸留所を設立し、本格的なウイスキー製造をはじめ、以降は代々ウイスキー造りを受け継いでいたが、米国禁酒法や第二次世界大戦などの影響により蒸留所を売却。1953年、6代目にあたるT・ウィリアム・ ビル・ サミュエルズ・シニア(T.William “Bill” Samuels Sr.)が、バークス・スプリング蒸留所(Burks Spring Distillery、バークス蒸留所とも)を購入し、ウイスキー造りを再開させせた。

世界で評価されるようなバーボンの製造を探求すると決意したビルは、170年にわたる一家の秘伝のレシピを燃やし、新たなバーボンとしてライ麦の代わりに柔らかな冬小麦を使用し、石灰岩で濾過された湧き水を使い現在の製法が確立。また、できる限り人の手でつくるとという信念のもとつくられた初年度の生産量はわずか19樽だったそうです。1957年に赤い封蝋をつけメーカーズマークとして販売が開始。

その後、1981年にハイラムウォーカー社に買収された後、現在はビームサントリーの所有となる。

  • ライ麦の代わりに使用される冬小麦は、蒸留所周辺で穫れた「Soft red winter wheat」という品種を使用しています。これにより、ふくらみのあるまろやかさが生まれています。
  • 仕込み水として使用している蒸溜所敷地内にあるスプリング・フェド湖の湧き水は、石灰岩に磨かれて鉄分が取り除かれた水質(ライムストーンウォーター)で、酵母の働きに適した水質です。
  • 酵母菌は150年以上に渡って代々受け継がれてきた酵母が使われていて、メーカーズマークが生まれる以前からのバークス蒸溜所から引き継いだ樹齢100年以上の赤イトスギの木桶発酵槽で発酵を重ねています。
  • 夏をはさむ9カ月間屋外で自然乾燥させたアメリカンホワイトオークの熟成樽を使用することで、苦味のもとになるタンニンを取り除き、また、チャーは独自に定めた焼きつくす手前の「レベル3」と呼ばれる40秒の火入れにより、バニラのような甘みとまろやかな味わいを演出しています。
  • 貯蔵庫でも熟成が均等になるよう、手作業により定期的に樽の配置を移動させています。
  • メーカーズマークというブランド名と特徴的な赤い封蝋は、6代目ビル・サミュエルズの妻であるマージー(Margie Samuels)の発案によるものです。
  • 創業者のサミュエルズ家がスコットランドからの移民の系譜ということで、アメリカンウイスキーとしては珍しく、”e”を抜いた「Whisky」の綴りを採用しています。
  • 1978年、蒸留所は米国のアルコール飲料関連施設としては初の国定歴史建造物に指定されています。

ワイルドターキー蒸留所:WILD TURKEY/カンパリ

  • ★★★ワイルドターキー スタンダード:WILD TURKEY
  • ワイルドターキー 8年
  • ワイルドターキー 13年 ディスティラーズ・リザーブ
  • ワイルドターキー ライ
  • ワイルドターキー レアブリード:RARE BREED
  • ワイルドターキー ケンタッキースピリット:KENTUCKY SPIRIT
  • ワイルドターキー アメリカンハニー:AMERICAN HONEY

カンパリグループ傘下のオースティン・ニコルズが所有するアメリカンウイスキーブランド及び、米国ケンタッキー州アンダーソン郡ローレンスバーグ(Lawrenceburg)にある蒸留所名です。車で20分ほどのところにフォアローゼズ蒸留所もあります。

ブランドの由来は、1940年当時のオーナーであったオースティン・ニコルズ社のトーマス・マッカーシーが、七面鳥ハンティングの際に蒸留所でつくられた101プルーフのバーボンを振る舞った際にその友人の1人が命名したと言われています。1942年よりこのブランド名で販売が開始されています。

ブランドの前身は、1869年にトーマス・リッピー(Thomas Beebe Ripy)を中心とした一族がケンタッキー州ローレンスバーグのリッピー蒸留所で生産していたウイスキーを起源としています。
アイルランド移民であったリッピー家はウイスキーや日用品の流通業として成功し、ウイスキー蒸留所をいくつも保有していましたが、その中でもリッピー蒸留所のウイスキーは好評で、1893年にシカゴで開催されたワールドフェアでケンタッキー州代表に選出されました。

その後何度かオーナーが変遷したのち、古くから卸売業者として参画していたオースティン・ニコルズ社が、バーボンの製造販売強化を目的として1970年に蒸留所とブランド権を買収し現在に至っています。

日本では2020年にカンパリグループが日本に設立したCT Spirits Japanが輸入販売を行なっています。社名のCはカンパリ、Tはワイルドターキーに由来しています。

ラッセル親子(Jimmy and Eddie Russell)
蒸留所の歴史に欠かせないのがジミー・ラッセルとエディー・ラッセルの親子です。
父のジミー・ラッセルは1954年にマスターディスティラーに就任し、2代目マスターディスティラーのビル・ヒューズと、初代マスターディスティラーの息子のアーネスト・W・リッピ―から直々に米国禁酒法以前のバーボン製造技術を学び、2000年にケンタッキーバーボンの殿堂入りを果たしました。
3人兄弟の末っ子として生まれた息子のエディーは、1981年から下積みとして働き始め、父の殿堂入りから10年後の2010年にケンタッキーバーボンの殿堂入りとなりました。
2015年に4代目のマスターディスティラーに就任しています。

  • マッシュ比率は公開されていませんが、豊かな香味と風味を全面に出すために、全てのバーボンの中でトウモロコシの使用量が最も低く、ライ麦と大麦麦芽を多く使用しているそうです。
  • 蒸留時のアルコール度数をバーボン法規定の80%以下を大幅に下回る60~65%に抑え、熟成後のアルコール度数を54度~55度とすることで、ボトリングするときの加水量を少なく抑え、原料のもつ香りを残し深みのある味わいを実現させています。
  • 樽の焼付けは55秒で「アリゲーター」と言われています。
  • 独自のイースト菌を培養しており、水源は石灰質の水を使用しています。
  • 瓶詰め後の万一のトラブルに備え、原酒のサンプルはがオースティン・ニコルズ社で2年間保存されています。
  • 初期ラベルの七面鳥は正面を向いていましたが、1999年より横向きの七面鳥が描かれるようになりました。
  • 第34代アメリカ大統領のアイゼンハワーを始め、ルーズベルトやケネディ大統領も愛飲していたブランドです。

その他のブランド

  • クーパーズクラフト:Coopers’ Craft/ブラウンフォーマン
  • ジョージディッケル:George Dickel
  • I.W.ハーパー:I.W. Harper/ディアジオ
  • シーグラム セブンクラウン:Seagram SEVEN CROWN/ディアジオ
  • ウエストランド:Westland
  • ウッドフォードリザーブ:Woodford Reserve/ブラウンフォーマン
タイトルとURLをコピーしました