アイリッシュウイスキー一覧

アイルランド及び北アイルランドで生産されるウイスキーの。
ウイスキー発祥の地と言われているアイルランドでは、スコッチよりも大きい単式蒸留器で3回蒸留しており、クセがなくまろやかな味わいで初心者でも飲みやすいのが特徴。

アイリッシュウイスキーの歴史

18世紀には2,000前後の蒸留所が存在していたと言われている。その後蒸留所の合併・統合が行なわたものの、1880年時点でも28の蒸留所が稼働していた記録がある。

20世紀初頭のアイリッシュウイスキーは荒々しいシングルモルトウイスキーで、世界のウイスキー市場の6割を占めていたが、米国で禁酒法が施行されたことにより輸出量が縮小。これにより米国内ではアイリッシュウイスキーと謳った粗悪な密造酒が販売されていたこともあり、アイリッシュウイスキー自体の評判も低下。
更にアイルランド内戦など様々な外的環境が重なり、多くの蒸留所が閉鎖に追い込まれた。

1950年代にアイリッシュコーヒーブームが起きたものの依然として厳しい状況が続いていたため、1966年にアイルランド南部にあったコーク社、ジェムソン社、パワーズ社の3社が合併、コーク・ディスティラリーズ・カンパニーが誕生し、実業家ケヴィン・マコート(Kevin McCourt)のもと各社蒸留所の統合を進めることとなった。
これによりジェムソン(旧ミドルトン)とパワーズの蒸留所は閉鎖され、広大な敷地と豊富で良質の水に恵まれている旧ミドルトン蒸留所の背後に新蒸留所が建設・稼動開始された。
1971年にはブッシュミルズも加わり、アイリッシュ・ディスティラーズ社(IDL)が誕生。

1991年には2メーカー・3蒸留所まで減少したが、昨今の世界的なウイスキーブームにより2020年時点では40ヶ所以上の蒸留所が稼働していると言われている。

アイリッシュウイスキーの一般的な製法

伝統的な製法として一般的に3回蒸留が行われている。
熟成期間は最低3年と定められているが、スコッチに比べ全体的に熟成期間は短くピートも使用しないため、ライトボディで風味が軽くてまろやかな味わいで飲みやすい味わいが特徴。

昔はモルティングした大麦とモルティングしていない大麦の両方を原料としたピュアポットスチルウイスキーが主流だったが、現在はブレンデッドウイスキーが主流。

呼称 原料 蒸留器
ピュアポットスチルウイスキー 大麦麦芽、大麦、小麦、オート麦、ライ麦等 単式蒸留器
モルトウイスキー 大麦麦芽のみ
グレーンウイスキー 大麦麦芽、トウモロコシ、小麦、大麦等 連続式蒸留器

主な蒸留所・ブランド

ミドルトン蒸留所:Midleton/ペルノ・リカール

コーク郊外にある蒸留所で、1825年にジェームス・マーフィー(James Murphy)を中心とした3兄弟(他ジェレマイアとダニエル)が、1796年に建てられた元紡績工場を買取り、蒸留所に改装して操業開始させています。

蒸留所は1975年創業停止後、他蒸留所と合併させた形で新ミドルトン蒸留所が稼働開始しています。
旧蒸留所は現在博物館として利用されています。

コーク(Cork)
アイルランド最南部にある人口10万人強の国内第2の都市。
街外れにあるコーク湾は大西洋航路の基点で、タイタニック号が最後に寄港した港。

  • 世界最大の蒸留器を有しており、原料に大麦を使う伝統的なピュアポットスチルウイスキーを生産している唯一の蒸留所。
  • 4種類の単式蒸留器 によってアルコール度数の異なる原酒を生産。
  • 一部ブランドには未発芽の大麦も使用。
ジェムソン:JAMESON
レッドブレスト:Redbreast
グリーンスポット:Green Spot
ミドルトン・ベリーレア:Midleton VeryRare
パディ:Paddy
パワーズ:Powers

タラモア蒸留所:Tullamore/ウィリアム・グラント&サンズ

タラモアデュー:Tullamore Dew

ブッシュミルズ蒸留所:Buchmills/ホセ・クエルボ

ブッシュミルズ:Buchmills

クーリー蒸留所:Cooley/ビームサントリー

1987年に独立系蒸留所を設置する国策によって創業開始。

カネマラ:Connemara
グリーノア:Greenore
ターコネル:Tyrconnell
2 Gingers

キルベガン蒸留所:Kilbeggan/ビームサントリー

記録上世界最古と言われているブルスナ蒸留所(Brusna)をルーツに持つ蒸留所で、2007年にクーリー社が蒸留を再開させています。

キルベガン

その他ブランド

  • スレイン:Slane/ブラウンフォーマン
タイトルとURLをコピーしました