ウイスキーの歴史

ここではウイスキーの理解を深めるためにウイスキーの歴史について纏めていきます。

ウイスキーのルーツ(15世紀以前)

アルコール飲料の歴史

アルコール飲料の歴史は古く、紀元前50世紀頃の新石器時代のイランの壷からワインの残留物が発見されており、醸造酒を含めるお酒の歴史ではこれが最古と言われています。
糖が発酵することで生成されるアルコールは自然界の中にも存在しており、人類は7,000年も前から発酵された果実や樹液などのお酒を飲んでいたようです。

蒸留酒の歴史

蒸留酒の歴史は明らかになっていませんが、紀元前9,000年頃の中国の遺跡からは米や果物を原料にしたと思われる酒の残留物が見つかっています。
また、紀元前3,500年頃にはメソポタミア地方でも香料の抽出として使用されていたといわれています。

文献上では紀元前12世紀の中国の史書に蒸留酒についての記述があります。また、西暦200年頃のエジプトには大麦の蒸留酒があったと記録にあり、これがウイスキーのルーツとも言われています。

蒸留技術の歴史

キリスト教の修道僧が香水や薬品の生産するために蒸留技術を世界中に広めたという説があり、12世紀頃には既に蒸留技術が西洋へ入ってきていたようです。
当時の西洋の蒸留酒はワインを原料としており、アルコール濃度が高く、蒸留された液体が燃えることからアクア・アルデンス(燃える水)と呼ばれ、保存が利き簡単に酔えることから広まっていったといわれています。

なお、アイルランドの伝説では、キリスト教伝道師の聖パトリックが紀元5世紀頃に蒸留技術を教えたといわれていますが、残念ながら記録としては残されていません。

文献での登場

ウイスキーに関する最古の文献は、1172年にイングランドのヘンリー2世がアイルランドに進攻したとき、ウスケボーと呼ばれる大麦から蒸留した酒を飲んでいたと記されています。

スコットランドで最初にウイスキーについての記述があったのは1494年で、スコットランド王室の財務帳に「ジェームス4世の命令により、修道僧ジョン・コーに8ボルの麦芽を与え、アクアヴィテを造らしむ」と記載があり、この「アクアヴィテ」がウイスキーと言われています。ボルというのはスコットランド古来の容量の単位で、8ボルは500kgと推測されています。

ウイスキーの語源

ウイスキーの語源はゲール語のウシュクベーハー(Uisge beatha)と言われています。
先ほど出てきたラテン語のアクアヴィテ(Aquavitae)と同じ”生命の水”という意味で、当時アルコールは嗜好品ではなく薬品として用いられていたためこう呼ばれていたそうです。ウイスキーに限らず、ブランデーを指すフランス語のオウ・ド・ヴィー(Eau de Vie)やウォッカ、北欧で地酒を指すアクアヴィット(Aquavit, Akvavit)も同じ語源と言われています。

12世紀にアイルランドを占領したイングランド軍は、ウシュクベーハー(Uisge beatha)がウイシュギ(Uishgi)に聞こえたという記録が残っており、これがUsquebaugh→Usuque→Usky→Whiskyとなったと言われています。

ウイスキーという言葉は、1755年にサミュエル・ジョンソン博士が編纂した英語辞典に記載させたことで一般的になりました。この辞典でウイスキーは「香料とともに出てくる蒸留物」と定義されており、当時は香料などで風味付けがされていたようです。

ちなみに現在のアルファベット綴りですが、日本・スコットランド・カナダでは「WHISKY」が用いられていて、アイルランドでは「WHISKEY」が使用されています。アメリカでは併用されていますが、法律上は「WHISKY」と明記されています。

16~19世紀

アイルランド:1608年、蒸留免許の記録

英国王ジェームス1世が、北アイルランドのアントリムの領主 サー・トーマス・フィリップスに蒸留免許を与えたという記録が残っています。

スコットランド:1644年、ウイスキー税導入

農産加工品として一般的であったウイスキーに法外な税金を課すことにより密造がはじまります。

スコットランド:1707年、イングランドに併合

ウイスキーが更に厳しい課税対象となる。

アイルランド:1757年、蒸留所が相次いで創業

キルベガンにブルスナ蒸留所、ダブリンにトーマスストリート蒸留所が創業されました。

アメリカ:1776年、アメリカ初のウイスキー蒸留所

レキシトンに移住したジェームス・ペッパーがウイスキー蒸留所を建設します。

スコットランド:

スコットランド:1784年、ウォッシュ法施行

醪法(Wash Act)とも訳されます。イングランドとローランド地方のみを対象にした税制で、ハイランド地方の密造を防止することを目的として制定されました。

この法律の特徴としては、ハイランドとローランドの境界線を「ハイランドライン」として明確に規定したことです。1816年にこの法律は廃止されましたが、ハイランドとローランドを区別する方法は今でも受け継がれています。

当時の法律では、ローランドではウイスキーの税率を引き下げるとともに、課税は蒸留前のもろみに対して行ない、ハイランドでは課税は蒸留釜の容量に応じて課税されました。また、ハイランドラインの境界線を越えてのウイスキーの移動も禁止されました。

スコットランド:1823年、ウイスキー税の廃止

ウイスキー製造認可料を導入することで、密造時代は終焉を迎えます。

1826年:連続式蒸留器の原型が完成

ロバート・スタインによって連続式蒸留器の原型が完成します。その後1831年にイーニアス・カフェが連続式蒸留器の特許を取得し、現在の連続式蒸留器の主流となります。

スコットランド:1846年、穀物法が廃止

安価なトウモロコシが大量に輸入できるようになったことで、ローランドを中心としてグレーンウイスキーの増産が始まる。

1853年:ブレンデッドウイスキーの誕生

アンドリュー・アッシャーがブレンデッドモルトウイスキーを製造します。
*ブレンデッドウイスキーという説もあり。

1858年~20世紀初頭:害虫被害によるウイスキーの台頭

害虫被害(フィロキセラ/Phylloxera)によりヨーロッパのブドウ畑が壊滅し、ワインやブランデーが枯渇したことによりウイスキーが世界に躍り出ます。

20世紀以降

スコットランド:1906年、ウイスキー論争

ブレンデッドウイスキーの台頭により、モルトウイスキー業者が「モルトウイスキーのみがウイスキーである」との裁判を起こします。30回以上の審理が重ねられた結果、1909年にブレンデッドウイスキーもウイスキーであるということが認められました。

アメリカ:1920年、禁酒法施行

1月16日、アメリカで禁酒法が施行されます。

アメリカ:1920年、禁酒法廃止

12月5日、アメリカでの禁酒法が廃止されます。

 

タイトルとURLをコピーしました