シーバスリーガル/CHIVAS REGAL

シーバスリーガル(Chivas Regal)は、ペルノ・リカール社傘下のシーバス・ブラザーズ社が製造・販売しているブレンデッドスコッチウイスキーブランドの1つです。

シーバスリーガルの歴史

シーバス・ブラザーズ社

シーバス・ブラザーズ社は、1801年にジョン・シーバス&ジェイムズ・シーバス(John and James Chivas)の兄弟がスコットランドのアバディーンに開いた高級食料雑貨店が発祥です。1843年にイギリス王室御用達の認定を受けたほどの由緒正しい食料品店でした。

シーバス兄弟がブレンデッドウイスキーの製造を始めたのは、1850年代に入ってから。
雑貨店に通う富裕層からの品質の高いウイスキーへの需要に応えるためブレンディングを開始しロイヤルグレンディー(Royal Glen Dee)・ロイヤルストラテイタン(Royal Strathythan)などの銘柄を生み出しました。

シーバスリーガルの歴史

シーバスリーガルの銘柄が誕生したのは1900年代初頭です。
当時のアメリカの高級品嗜好への需要へ応えるためにシーバスリーガルと名付けたウイスキーの輸出を始めます。1909年にはシーバスリーガル 25年を発売し、禁酒法時代に入るまでアメリカでのウイスキー人気の先頭を走っていました。
ちなみに、1938年に「12年」という熟成年数を世界で初めて採用したのもこのシーバスリーガルです。

1950年にはシーバスリーガルを代表する蒸留所となるストラスアイラ蒸留所を取得しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • ストラスアイラ蒸留所のモルトをキーモルトとし、ザ・グレンリベット、ロングモーン、ベンリアック、グレンキースなど30-40種類のモルトウイスキーと数種類のグレーンウイスキーがブレンドされているといわれています。

主な製品ラインナップ

シーバスリーガル 12年​/CHIVAS REGAL AGED 12 YEARS ★★★

エントリーボトルですが、”Scotland’s Prince of Whiskies”という呼ばれるだけあって箱も豪華です。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2017年5月
おすすめ飲み方 ストレート、ロック、トゥワイスアップ
評価(★~★★★★) ★★★

ストレートで飲むとバナナような香りが良く、口に含むと微かなアルコールの辛味が感じられるものの、甘い香りと辛味が相まって個人的には気に入りました。
ロックでは甘みと辛味が薄まるものの、ビターチョコレートのような仄かな苦味が感じれれ、これはこれでいいです。
一方でハイボールにすると、気に入っていた優しい香りが薄らいでしまい、飲みにくいわけではありませんが、楽しさ半減です。水割りも同様。

個人的なおすすめはストレートかトゥワイスアップでした。

​シーバスリーガル ミズナラ

現在のマスターブレンダーのコリン・スコットが日本向けにつくりだしたもので、日本原産のミズナラ樽でマリッジさせています。

​シーバスリーガル 18年

​シーバスリーガル 25年

タイトルとURLをコピーしました