ホワイトホース

ホワイトホース(WHITE HORSE)は、ディアジオによって製造販売されているスコッチブレンデッドウイスキーブランドです。日本ではキリンから販売されています。

ブランドの由来は、エディンバラ城にほど近いスコットランド軍の酒場兼定宿であった「白馬亭(ホワイトホースセラー)」に由来していて、ウイスキーのラベルにも白馬亭の看板が描かれています。ラベルに刻まれている「1742」は白馬亭の創業年です。この宿はエディンバラからロンドンへの乗合馬車の出発点であり、ロンドンへの出発を前にした人々の「夢」や「希望」の象徴の宿と言われています。

ホワイトホースの歴史

ラガヴーリン蒸留所でウイスキー造りを学んだピーター・マッキーが1890年にマッキー社(Mackie & Co.)を設立し発売を開始した「ホワイトホースセラー(White Horse Cellar)」がブランドのはじまりです。
マッキーはのちにクレイゲラヒ蒸留所とグレンエルギン蒸留所を買収しています。

1908年に英仏博覧会でグランプリを獲得し、英国王室御用達の栄誉も同年授与され有名になりました。

1924年にホワイトホース社と名称変更後、1927年からはDCL社に買収されています。
ブランド名は1960年ごろに現在のホワイトホースとなったと言われています。

ピーター・マッキー(Peter Mackie)

スコットランド出身のピーター・マッキーは、1878年から叔父のジェームズ・ローガン・マッキー(James Logan Mackie)が経営するラガヴーリン蒸留所でウイスキー造りを学んだのち独立しマッキー社を設立しホワイトホースを発売後、ラガヴーリンをはじめとしてクライゲラキやグレンエルギンなどの蒸留所を所有していました。ラフロイグ蒸留所との裁判の報復としてモルトミル蒸留所を建設しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • キーモルトはアイラのラガヴーリンの原酒で、他にオルトモア、クライゲラキ、グレンエルギンといったスペイサイドモルトがブレンドされています。
  • 1920年にスクリューキャップをウイスキーボトルに初めて導入しています。

主な製品ラインナップ

ホワイトホース ファインオールド/Fine Old★★★

水割りやハイボールにすることでドライな味わいを楽しむことができるリーズナブルな1本とのことです。

  • 原材料:モルト、グレーン
  • アルコール度数:40%
  • 購入日:2017年5月、2020年7月、2021年3月

微かに海や磯のような塩味と変な表現ですが乾いた甘みが感じられます。この海っぽい味わいは ラガヴーリンの原酒からきているのでしょうか。
ストレートではホロ辛さが全面に出てきてしまいますが、ハイボールでは乾いた甘みにスモーキーさが感じられてきます。

お手頃な価格帯でハイボールを楽しめるオススメの1本です。

2020年、箱入りボトルを見つけました。

2021年には、キャンペーンでやきとりの缶詰もついてきました。

ホワイトホース 12年

日本市場専用に開発された1本でハイボールで飲むことを推奨されているそうです。

タイトルとURLをコピーしました