ジョニーウォーカー/JOHNNIE WALKER

ジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER)は世界的に有名なスコッチウイスキーのブランドで、現在はディアジオ社傘下に属するブランドの1つです。
2009年10月以降、日本ではディアジオジャパンに代わりキリングループが輸入販売を行なっています。

ジョニーウォーカーの歴史

創業者のジョン・ウォーカー

創業者のジョン・ウォーカーは、1805年にキルマーノック(Kilmarnock)のトッドリグス農場で生まれました。
14歳の1820年、父親の死を契機に農場を売却しキルマーノックで小さな食料雑貨店を開きます。その中でオリジナルウイスキー(Walker’s Kilmarnock Whisky)の販売を開始したことがジョニーウォーカーの始まりです。

息子のアレキサンダー・ウォーカー

1837年、創業者ジョン・ウォーカーと妻エリザベスの間にアレキサンダー・ウォーカーが誕生します。ジョニーウォーカーのブランドは、この息子の活躍が大きいと言われています。
アレキサンダーは10代の頃から父親の食料雑貨店を手伝い、1852年にキルマーノックの洪水により壊滅被害を受けた事業を数年で復活させるほどの手腕を発揮したと言われています。

1857年に父のジョン・ウォーカーが亡くなってからは父親の事業を引き継ぎ、1860年頃より航海に出る船長たちにオリジナルウイスキーの販売を委託し世界中へ出荷をはじめ事業をさらに拡大させました。

アレキサンダー・ウォーカーの息子たち

1889年にアレキサンダーがこの世を去ると、2人の息子(ブレンダーのアレキサンダー2世と経営者のジョージ)がさらなる成功へと突き進みます。手始めに1893年、20,500ポンドでカーデュ蒸留所を買収し、競合ブレンダーに先んじて安定供給を成功させます。

1906年にはブレンダーのアレキサンダー2世が情熱を注いだ「オールドハイランド」「スペシャルオールドハイランド」「エクストラスペシャルオールドハイランド」の3つの主力ブランドが確立します。
1908年にブランドの一新が行なわれ、これまでの「ウォーカーのキルマーノックウイスキー」から「ジョニーウォーカーウイスキー」となり、1910年には「ジョニーウォーカー レッドラベル」と「ジョニーウォーカー ブラックラベル」が登場しました。

製法の特徴・こぼれ話

ラベルとストライディングマン

初代アレキサンダーは象徴的な四角いボトルを1870年に発表しました。
24度に傾いたラベルも有名です。このデザインは1877年に意匠登録されていますが、1920年から全てのブランドに採用されています。この個性的なデザインのおかげで世界中に知れ渡りますが、実は輸送の際の衝撃から瓶を守るというメリットもあるそうです。

また、紳士的なラベルに描かれている紳士「ストライディングマン」も有名です。
コートにシルクハット、片眼鏡をつけてヘシアン・ブーツを履き、ステッキを持っています。
1908年、漫画家のトム・ブラウン(Tom Browne)が、ウォーカー兄弟との昼食会で創業者ジョン・ウォーカーに似せて描かれていると言われています。

スポーツとの関わり

ゴルフ
1989年より「ジョニーウォーカー(R)クラシック」の母体となるゴルフイベントの後援をしていますが、ジョニーウォーカーとゴルフとの関わりはそれよりも古く、1926年からホールインワン賞を導入(賞状とボトルが授与)していました。1931年には、当時のイギリス皇太子殿下が受賞されたという記録も残っています。

F1チーム「Vodafone Mclaren Mercedes」
2005年よりF1チーム「Vodafone Mclaren Mercedes」とのパートナーシップを締結しています。

主な製品ラインナップ(通常ボトル)

ジョニーウォーカーのブランドは各ボトルを色で識別できるようにしています。
20世紀初頭はまだ文字を読める人が少なかったこともあり、ラベルの色をそのまま商品名にしたといわれています。

​ジョニーウォーカー レッドラベル/​JOHNNIE WALKER Red Label ★★★

「ジョニ赤」の愛称で親しまれていて、ジョニーウォーカー製品のなかで唯一ほかの物と混ぜて飲むことを念頭においている製品ということです。
スコットランド東岸の軽快なウイスキーと西岸のピーティなウイスキーがブレンドされていて、力強いスパイシーさ・爽快さ・スモーキーな香りが感じられるウイスキーの魅力全てが詰まった一本とのこと。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 低低価格(~1,000円)
購入時期 2017年5月
おすすめ飲み方 ストレート、ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

微かですがスモーキーさも感じられます。刺々しい辛さはありませんが、若い原酒由来?の飲み辛さが感じられ、余韻もあまり長くありません。
ロックでは華やかな甘みとスモーキーな香りが現れてきますが、やはり余韻はちょっと短いように思います。
少し濃いめのハイボールにしてみると、仄かな甘みと乾いたスモーキーさが長く味わえます。「ジョニ赤は割る用としてブレンド」と言うことですが、まさにそういった感じです。

ドライなスコッチの強みが前面に出た1本かもしれません。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年/JOHNNIE WALKER BLACK LABEL ★★★★

イギリスではウイスキーの最高傑作と絶賛されていて、日本にも1957年から輸入されており「ジョニ黒」の愛称で親しまれています。当時は1本1万円≒新卒サラリーマンの2か月分のお給料ほどのお値段だったそうで、憧れのウイスキーだったそうです。

カデューとタリスカーをキーモルトとして、熟成12年以上のモルトとグレーンを40種類も使用しているそうです。モルトだけでも29種の原酒をブレンドしているそうです。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2017年7月
おすすめ飲み方 ストレート、ロック
評価(★~★★★★) ★★★★

ストレートではスモーキーさとバニラのような甘い香りが感じられます。
ロックではフレッシュな酸味も感じられます。全体的にコクがあってリッチな味わいがします。
ハイボールももちろん美味しかったのですが、ロックで感じたスモーキー×爽やかな酸味のコラボが少し薄まってしまうように思いました。

全体的に変な癖がなく、2,000円前後ながらストレートやロックで楽しめる1本です。

​ジョニーウォーカー ダブルブラック

こちらは年数表記はありません。熟成年数にこだわらず「スモーキーさ」と「豊かな香りとコク」を力強く表現させるためです。
スムースでありながら、深みのある豊かな香りと、コクのある甘さが際立った味わいが特徴。

​ジョニーウォーカー グリーンラベル(15年)

15年以上熟成させたモルト原酒のみブレンドしたヴァッテッドモルトウイスキー。
タリスカー・リンクウッド・クラガンモア・カリラをキーモルトとしています。

​ジョニーウォーカー ゴールドラベル リザーブ(18年)

​ジョニーウォーカー スイング

他のシリーズと異なり、ドラクエのスラムのようなボトルが特徴。
1932年から発売されていますが、これは荒れた海の振動からウイスキーを守るためだそうで、傾けても真っ直ぐに戻ります。

​ジョニーウォーカー プラチナムラベル

​ジョニーウォーカー ブルーラベル

年間で4000本しか販売されていないと言われる大変プレミアムなボトルです。

限定ボトル

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディション/BLACK LABEL SHERRY EDITION ★★★

ブラックラベルの特徴であるスモーキーさ・甘み・ウッディさの中でも、シェリー樽で熟成した原酒を用いることで「甘み」を伸ばした、ブレンダーチームの1人であるクリス・クラーク(Chris Clark)がブレンドした1本です。
カーデュを始めとして、ストラスミルやブレアソールなどから12年以上熟成の原酒のみがブレンドされています。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2018年12月
おすすめ飲み方 ストレート、ロック、トゥワイスアップ
評価(★~★★★★) ★★★

甘み・香りが強く、微かながらスモーキー感が感じられるので、ストレートで飲むのがおすすめです。
ジョニ黒のイメージで飲んでしまうと少し面食らってしまうかもしれません。それだけ甘みが前面に出てきます。逆に甘みが強く感じられるときは、ロックやトゥワイスアップで味わったほうが良いと思います。

定価でいうとブラックラベルの1.5倍ほどの価格になり、決してコストパフォーマンスが高くはありませんが、少し贅沢な1本として良いと思います。

ジョニーウォーカー ソング オブ アイス/A SONG OF ICE ★★★

米国のテレビドラマ「Game of Thrones (ゲーム・オブ・スローンズ)」とのコラボしたボトルになります。ラベルの狼は作中に登場するダイアウルフというキャラクターです。また、スコットランド最北端の蒸留所であるクライヌリッシュをキーモルトとしていますが、これはドラマの原作である「氷と炎の歌 (A Song of Ice and Fire)」のアイスの部分をなぞらえています。

爽やかな草の香りのとバニラやトロピカルフルーツの甘みがが特徴とのことです。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度以上41度未満(40.2度)
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2020年5月
おすすめ飲み方 ストレート、ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

ラベルの冷たい印象に反して、バニラのような甘い香りが香りが全面に出てきます。これがクライヌリッシュのキーモルトの味わいでしょうか。(単体では未飲)

ロックにすると、その甘い味わいの中にホロ苦さが混じってきます。ハイボールでは苦さがしっかりと感じられ気に入りました。草の香り、というのは正直あまり感じられませんでした。

ラベルの冷たい印象と真反対の味わいで、ジョニーウォーカーらしさはありませんが、個人的には気に入りました。ラベルは4面繋がった絵になっているので、並べてインテリアとして飾るのもいいですね。

限定品ではありますが、比較的流通しているようなので是非お試しいただきたい1本です。

ブレンダーズパッチシリーズ

ブレンダーズパッチ(Blenders’ Batch)シリーズは、マスターブレンダーであるジム・ビバリッジ(Jim Beveridge)率いる12名のジョニーウォーカーのブレンダー達が、豊かな経験や個性に基づいて既成の価値観にとらわれずにブレンドさせたシリーズとなります。
ジョン・ウォーカーが雑貨店を開業してから200周年となる2020年までに、全12 品がリリースされる予定とのこと。

また、これらのシリーズは地域ごとに好まれるであろうブレンドを別々にしてリリースするそうです。

No.1 ジョニーウォーカー レッドライフィニッシュ/Red Rye Finish ★★★

シリーズの中で日本で最初に販売されたボトルです。
エマ・ウォーカー(Emma Walker)がブレンダーとして、以前ケンタッキー州ルイビルでバーボンやライ麦を使用して開発された伝統的なアメリカンウイスキーにインスパイアされた1本だそうです。

203種のモルト・グレーンウイスキーの原酒を使用した50以上の実験を経て、わずか4種類の原酒を選び抜いてブレンドされているそうです。

メインモルトは鮮やかでフレッシュなカードゥのシングルモルト。
グレーンウイスキーは、すでに閉鎖済のポートダンダス蒸留所の原酒を使用しています。ファーストフィルのバーボンカスクで寝かせ、ライのカスクで最大6ヶ月後熟させたことで、甘く滑らかで軽い口当たりな味わいが加わっています。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2018年5月
おすすめ飲み方 ストレート、ロック、トゥワイスアップ、水割り
評価(★~★★★★) ★★★

キャンディのような甘い香りがあり、ストレートで口に含むと、ライ由来?ドライですが香ばしい甘みがやってきます。
ロックではバーボンのような滑らかな香ばしさが前に出てきます。
ハイボールにすると、スコッチ感が薄まるものの、軽くスッキリとした口当たりの中に柑橘系の甘さが感じられます。

ジョニーウォーカーらしさはありませんが、全体的にどの飲み方でも楽しめることが出来ます。

カクテルのマンハッタンにして飲むのもお勧めだそうですが、残念ながら試せず。

No.2 ジョニーウォーカー バーボンカスク&ライフィニッシュ

No.3 ジョニーウォーカー トリプルグレーン アメリカンオーク10年/TRIPLE GRAIN AMERICAN OAK Aged 10 Years ★★★

ジム・ビバリッジがケンタッキーでブレンドに携わっていた経験を元にブレンドされています。

トリプルグレーンとは、小麦・大麦・トウモロコシの3種類のグレーンウイスキーのことで、2010年に閉鎖されたポートダンダス蒸留所で製造されていたようです。
モルト原酒はアメリカンオークの樽で10年以上熟成されたものを使っていて、キーモルトはスペイサイド地方のカーデュとモートラックになります。

また、アルコール度数を平均41.3度としているそうです。

従来のジョニーウォーカーシリーズにに比べると、バーボンウイスキーに寄せた1本のようで、スコッチ初心者層をターゲットとしているようです。10年モノのお酒ながらジョニ黒よりも若干安めのお値段なのは、グレーン比率が高いからでしょうか?

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 41度以上42度未満
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2018年1月
おすすめ飲み方 ロックハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

ストレートで口に含むと、アルコールの辛さの後にバニラの甘さとスパイシーな刺激です。ジョニ赤に甘みを足した感じです。
ロックではアルコールの刺激がなくなり蜂蜜のような甘い味わいが感じられます。バーボンに似た味わいにあります。
そのため、ハイボールにするとグレーンの爽やかな味わいが前に出てきて飲みやすくなります。ピートの主張もそれほど強くないです。

ジョニ黒好きな方にとっては満足度は高くないかもしれませんが、個人的にはストレートを除いて色々な飲み方で十分に楽しめる1本でした。一風変わったジョニーウォーカーを楽しんでみたい方は是非ともお試しいただきたい1本です。

No.6 ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド/Wine Cask Blend ★★★

ブレンダーはエイミー・ギブソン(Aimee Gibson)で、食事やデザートとのマリアージュを楽しめるワインのような新しいスコッチウイスキー、というコンセプトのもと、ワイン樽で熟成した原酒を複数ブレンドしフルーティーさ求めているそうで、ジョニーウォーカーブランドとしては、初めてワイン樽を推したボトルになります。

キーモルトとしてローズアイルの原酒を、グレーンはキャメロンブリッジの原酒などをブレンドしているということです。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 低価格(1,000~2,000円)
購入時期 2018年5月
おすすめ飲み方 ストレート、ロック
評価(★~★★★★) ★★★

予想以上にまろやかなブドウの香りが広がります。
この香りだけで十分に楽しめますので、ストレートで味わうのがおすすめです。
ロックでも楽しめますが、香りがすぐに閉じてしまいます。

一方で、ハイボールや水割りにしてしまうと、いい意味で重みが感じられず物足りなくなってしまいました。

カーらしさはありませんが、ローズアイルの原酒を楽しみたい、ジョニーウォーカ初のワイン樽コンセプトを味わいたい、という方には十分楽しめる1本だと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました