【COMPANY】カンパリグループ

カンパリグループ(Campari Group)は、イタリアのミラノに本社を構える飲料メーカーです。

カンパリグループの歴史

1860年頃、イタリアのバーで働いていたガスパーレ・カンパリ(Gaspare Campari)が、オリジナルの赤いリキュールを発明したことに始まります。

日本では2020年にCT Spirits Japanを設立し、ウイスキーを始めとしたアルコール飲料の輸入販売を始めます。Cはカンパリ、Tはワイルドターキーを指しています。

オースティン・ニコルズ社(Austin Nichols)

1855年に食料品卸売業者としてワインと蒸留酒の販売をはじめ、古くからアルコールメーカーとして有名でした。
一時は蒸留所を所有しウイスキーの製造販売を行なっていましたが、米国禁酒法の影響を受け一時操業停止、その後1970年にバーボン業界へ進出するためにリッピー蒸留所を買収して以降、ワイルドターキーブランドを保有しています。

1980年にペルノ・リカールへ買収された後、2009年からカンパリグループ傘下へ入っています。

タイトルとURLをコピーしました