ラフロイグ(アイラ地方)

ラフロイグ蒸留所(Laphroaig)は、スコットランドのアイラ島キルダルトン(Kildalton)にあるモルトウイスキー蒸留所です。

「アイラモルトの王」とも呼ばれ、近隣のアードベッグ・ラガヴーリンとともに「キルダントン3兄弟」とも言われています。

名前の由来はゲール語で「広い湾のそばの美しい窪地」という意味で、現在はビームサントリー/D・ジョンストン(D.Johnston&Company)が所有しています。

「You either love it or hate it.」と言われるほどの強いピート香が特徴ですが、アイラモルトの中で一番売れており、シングルモルト全体としても世界第9位に輝いています。
世界中にファンも多く、その1人のチャールズ皇太子により、1994年に蒸留所は王室御用達に指定されています。

ラフロイグ蒸留所の歴史

1810年頃にアイラ島に移り住んだジョンソン兄弟が、1000エーカーの農地を買い畜産業の傍ら栽培する大麦の一部でウイスキーの蒸留を始めたのが蒸留所のはじまりとなります。このウイスキーが評判になると、1815年に畜産業を畳みラフロイグ蒸留所を創業しました。

イアン・ハンター(Ian Hunter)

1921-1954年の間に、オーナーを努めたイアン・ハンター(Ian Hunter)は、創業者ジョンソン家系最後のオーナーです。蒸留所は、ホワイトホースブランドを立ち上げたピーター・マッキーが販売代理店を務めていました時期がありましたが、マッキーとの長年の裁判により疲労していたラフロイグ蒸留所を建て直した人物です。(モルトミル蒸留所を参照。)

また、米国禁酒法時代のアメリカに「ラフロイグは薬品の香りがする」として薬用酒としての輸入を認めさせたり、バーボン樽での熟成を導入するなどの功績を残しています。
蒸留所近辺に記者を寄せ付けなかったほどの厳格な秘密主義者だったそうですが、ベッシー・ウィリアムソンには全幅の信頼を寄せ、遺言により蒸留所の全てを彼女に相続させました。

ベッシー・ウィリアムソン(Bessie Williamson)

1950-1970年代のラフロイグ最後のオーナー経営者です。
グラスゴー大学を卒業後、短期アルバイトとして1932年から蒸留所で働き始めましたが、第2次世界大戦後に蒸留所長に任命された後、1954年にイアン・ハンターからラフロイグ社を遺贈され、スコットランド蒸留所初の女性所長となりました。
数々の慈善事業にも尽力し、彼女によりラフロイグの名声も売上も上昇しましたが、国際的事業展開を目的としてロングジョン社に売却することになりました。

その後、1990年からはアライド社の傘下に入り、現在はビームサントリーが所有しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • 床の上で大麦を発芽させる伝統的なフロアモルティング(床式製麦)を行なっています。現在このフロアモルティングを行なっているのはラフロイグやボウモアなど6蒸留所のみです。
    モルティングフロアは4つあり、蒸留所で使用するモルトの約15%を生産しています。残す85%はポートエレンやスコットランド本土から仕入れた35~45ppmのモルトを使用しています。
  • 発芽が終了した大麦は乾燥塔の中で乾燥には30時間を乾燥されます。最初の12時間は自社の湿原で掘り出した専用ピートをゆっくり燻す事でピート香を強く付けています。
  • シングルモルト用にはバーボンの後のファーストフィルだけを使い、強いピート香の中に適度のバニラ香・クリーミーさといった優しさが与えられます。
  • 製麦工場からピート炉までの10mほどを運搬列車が走っていて、アイラ島唯一の「鉄道」と呼ばれています。
  • ピートの強さは麦芽に付着したフェノール化合物の濃度で表されますが、ラフロイグではその濃度が40~60ppm以上(ヘビーピートと言われます)、ピートが強いと言われるボウモアでも30ppm前後とのことなので圧倒的です。
  • 1994年に結成された「フレンズ・オブ・ラフロイグ(FOL)」の登録者数は約70万人で、入会するとウイスキーの優先購入権や限定ボトル購入権などの特典がもらえます。また毎年1杯分のラフロイグを賃貸料として、蒸留所が所有する土地1平方フィート分の借地権を生涯にわたって手に入れられます。
  • 4時間半に及ぶラフロイグ蒸留所の見学ツアーは「WATER TO WHISKY EXPERIENCE」と呼ばれ、ラフロイグのすべてが体験できる人気ツアーといわれています。蒸留所が使用する水源まで散策し、原料水で割ったウイスキーを1杯いただきます。その後ピート切り出し体験や、蒸留所でフロアモルティングを体験、キルン点検なども味わえます。ガイドのマンツーマンによる施設見学では、麦芽汁やウォッシュの試飲もあります。最後の試飲会も1時間以上時間が割かれ、貯蔵庫の樽からさまざまな種類のラフロイグを試飲できます。

主な製品ラインナップ

ラフロイグ 10年​

ピートの効いた麦芽から生みだされるスモーキーで潮の香りと強烈な個性が大人気のシングルモルト・スコッチウイスキー。

ラフロイグ クォーターカスク/QUARTER CASK★★★

「クォーターカスク」はの約500Lのバット樽の1/4サイズの樽(厳密には127L)で、バーボン樽(180L)で熟成した原酒を、ファーストフィルバーボン樽を解体して造られたこのクォーターカスクに入れ替えて熟成されています。
通常より小さい樽で熟成することで、樽材と原酒が触れる割合が増すために熟成が早まるメリットもあり、ラフロイグの荒々しさが際立って感じられる1本とのことです。
19世紀当初はウイスキーは馬での運搬していましたが、その馬が担いでいた小樽からヒントを得たそうです。

アルコール度数は48度と高めですが、これは小さな樽の個性がウイスキーに強く反映されてしまうので、その樽の風味に負けないように強めのアルコール度数としているようです。N/Aボトルとなります。

  • 原材料:モルト
  • アルコール度数:48%
  • 購入日:2017年8月

ストレートでは、リンゴのような爽やかな味わいとピート香が強く感じられました。アルコールの刺激はあまり感じられませんが、若さのような荒々しさも感じられました。
ロックでは氷が溶けていくにつれストレート時の荒々しさがなくなり、塩っぽさが強くなってきます。
ハイボールではスモーキーな香りと甘みが口と咽に広がっていきます。

強い香りもクドくは感じないのでずっと飲み続けられておすすめです。

ラフロイグ セレクトカスク

ペドロヒメネス・シェリー樽、ヨーロピアンオーク・シェリー樽、バーボン樽で熟成された多彩な原酒をヴァッティング後、ヴァージン・アメリカンオーク樽で後熟させた1本とのことです。

タイトルとURLをコピーしました