★★★アイル・オブ・ジュラ オリジン

「アイル・オブ・ジュラ オリジン(Isles of Jura ORIGIN)」です。

ジュラ蒸留所

ジュラ島(Jura Isle)にある唯一のモルトウイスキー蒸留所です。アイル・オブ・ジュラ蒸留所とも言われます。

アイラ島の北東に位置するジュラ島は、北ゲルマン語で「鹿」を意味し、島民200人ほどで道路も1本しかない静かな島ですが、現在も5,000匹以上の野生のアカシカがいると言われています。この島では良質な水・ピート・清澄な空気に恵まれていたこともあり、1502年には既にウイスキーの密造が行われていたそうです。

ジュラ蒸留所は1810年に創業され、当時は「スモールアイル」という名称でしたが、1831年に現在の蒸留所名になりました。その後、1901年に閉鎖・取り壊しとなった歴史がありますが、1963年に改めて再建され現在に至っています。
特に1995年にホワイト&マッカイ社が買収してからは蒸留所の大改革が進められており、交通の便が悪い地域ながらも多くの観光客に訪れるようになり、現在では年間で2,200万Lのウイスキーを生産しています。

  • 標高約300mに位置するマーケット湖のロッホ・ア・ヴァレ・ヴァルケイ(Loch a’ Bhaile-Mhargaidh)を仕込み水として使用しています。
  • 醗酵槽はステンレス製のものが6基あり、高さ8mのランタンヘッド型のポットスチルが4基あります。

アイル・オブ・ジュラ

バーボン樽で10年熟成されたモルトのみを使用されているとのことで、オーク材由来の蜂蜜やキャラメルなどの甘さが感じられるとのことです。

今回は贈答用のセットを購入しました。グラスが2つセットになっていてお得でした。

  • 生産国:スコットランド
  • 販売元:エンペラドール/ホワイト&マッカイ
  • 原材料:モルト
  • ジャンル:シングルモルト
  • アルコール度数:40%
  • 購入日:2017年8月

ストレートで飲んでもアルコール感も弱めです。レモンのような爽やかな香りとビターな甘さが入ってきて、加水しなくても飲みすすめることができす。ロックでは丸みを帯びた味わいになり、個人的には一番気に入りました。

甘い味わいが先行して飲みやすく、女性にもおすすめできる1本かとおもいます。

 

タイトルとURLをコピーしました