オールドテーラー/OLD TAYLOR

オールドテーラー(OLD TAYLOR)は、メロウイエロー(mellow yellow)の愛称で親しまれニューヨーカーがこよなく愛するバーボンウイスキーです。

オールドテーラーの歴史

何気なく手に取ったのですが、アメリカ禁酒法時代にも薬用酒として製造が認められていた数少ないバーボン銘柄のひとつということです。

製法の特徴・こぼれ話

E.H.テーラー大佐

名前の由来はエドモンド・へインズ・テーラー・ジュニア大佐(E.H.Taylor Jnr)から。
元軍人で19世紀後半にケンタッキー州で複数の蒸留所を保有していたウイスキー起業家です。
蒸留所やウイスキーの品質向上に関するボトルド・イン・ボンド法の制定に寄与したことで有名です。

ボトルド・イン・ボンド法

1897年に施行されたこの法律は、アメリカのストレートウイスキーの品質向上に関する法律で、以下の特定の条件を満たしたウイスキーに「ボトルド・イン・ボンド」「ボンデッド」とラベル表記できるというもの。当時は相当なマガイモノのお酒が流通していたことが伺えます。

    • 熟成4年以上
    • アルコール50度
    • 1蒸留所だけの原酒
    • 1年の1季節に蒸留されたものだけを樽詰め

オールドテーラー蒸留所

テーラー大佐は、1887年オールドテーラー蒸留所を建設しています。中世ヨーロッパ風の外観のこの蒸留所はケンタッキー州で有名な観光名所の1つだったそうです。

残念ながら施設の老朽化・バーボン業界の低迷などのあおりを受け、1972年に当時の所有者のジム・ビームにより閉鎖されています。ウイスキーの熟成自体は1994年までこの蒸留所で行なわれており、米国で現存する最も古いウイスキー貯蔵庫とも言われています。
2009年以降、バッファロートレース蒸留所がジム・ビーム蒸留所からオールドテーラーの製造権利と熟成樽を購入し、現在ではサゼラック社傘下のバッファロートレース蒸留所で樽熟成・製造されています。

オールドテーラー蒸留所跡地には2014年にキャッスル&キー蒸留所(Castle&Key)がオープンしています。

主な製品ラインナップ

オールドテーラー/OLD TAYLOR ★★★

写真では少し見づらいのですが、ボトルの上部に「6」とありまして6年熟成となります。
ミディアムヘビーですっきりした喉越しが特徴とのことです。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 低価格(1,000~2,000円)
購入時期 2017年9月
おすすめ飲み方 ストレート、ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

歴史ある銘柄ということだったので勝手に重厚な香りがすると思い込んでいましたが、開栓してみると意外なことに甘くてフルーティな香りがします。

ストレートで飲んでみると、その爽やかな香りとともに柔らかいアルコール感が攻めてきます。バーボンの焦げ臭さはなく、すっきりした咽越しです。逆に言うとバーボン好きな人にはちょっと物足りないのかもしれません。
ハイボールにしても香りは消えず、サッパリとして飲みやすいです。

個人的にはストレートでチビチビ飲むのが気に入りました。お手頃価格でもありますし、もっと流通しても良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました