サントリー

サントリーHD(Suntory)は、大阪に本拠地を置くアルコール・清涼飲料水の製造販売メーカーです。
子会社としてビームサントリーの他、スピリッツ事業製造・正規輸入会社のサントリースピリッツ、サントリー知多蒸溜所株式会社などが傘下にあります。

国内に山崎蒸留所白州蒸留所、知多蒸留所の他、近江にエージングセラー施設を所有しています。

サントリーHDの歴史

1899年に鳥井信治郎が葡萄酒の製造販売を目的とした鳥井商店を大阪市に創業したことにはじまります。
1907年に「赤玉ポートワイン」を発売後、1923年に山崎蒸留所を創業させ、竹鶴政孝のもと本格的なウイスキーの販売の歴史がはじまります。

1929年に国産ウイスキー第1号である「サントリーウイスキー」(現在のホワイト)の発売後、1937年には「十二年もの」(のちの「角瓶」)を、1946年には「トリス」も発売し、アンクル・トリスやトリスバーといった流行を作っていきました。

1921年に社名を株式会社壽屋に変更後、1963年にサントリー株式会社に商号変更しました。

ビーム サントリー(Beam Suntory)

アメリカ合衆国イリノイ州ディアフィールドに本社を構える蒸留酒生産者で、サントリーHDの独立子会社です。
2014年5月にサントリーHDが米ビーム社の買収を完了させ、ビーム社はビームサントリーに社名変更して全世界のスピリッツ事業を統括しています。

主な製品ラインナップ

シングルモルトについては、山崎蒸留所白州蒸留所にまとめています。

知多/Chita(グレーン)

1973年に愛知県知多市にグレーンウイスキー蒸留所を創業し、そちらで生産されたウイスキーです。
2014年11月より愛知県内およびサントリーオンラインショップで「知多蒸留所特製グレーン」として限定販売されていましたが、2015年9月から全国販売をしています。原材料に「モルト」表記があり、モルトを少量添加して糖化・発酵させてます。

碧〜Ao〜

2019年から数量限定で販売されているワールドウイスキーです。

響/HIBIKI

日本のブレンデッドウイスキーの最高峰ともいわれるウイスキーで、世界各国で様々な商を受賞しています。
別ページに纏めています。

サントリーウイスキー ローヤル

1960年に発売が開始されています。

サントリーウイスキー スペシャルリザーブ

サントリー オールド

1950年に発売開始されました。ボトルの形状から「ダルマ」とも呼ばれています。

角瓶

1937年から発売されているサントリーの代表ブランドです。ボトルの形状そのままのネーミングです。

サントリーウイスキー ホワイト/WHITE★★★

国産初のウイスキーブランドとして1929年に発売された「サントリーウイスキー」をルーツに持つボトルです。
発売当初は強いピート香が受け入れられず返品が相次いだと言われていますが、改良を重ねたことで「白札」として受け入れられるようになったこともあり、1964年から現在の「ホワイト」に改称しています。640mlボトルです。

  • 原材料:モルト、グレーン
  • アルコール度数:40%
  • 購入日:2018年2月

ストレートではレーズンのような甘い味わいが感じられるものの、アルコールの刺激も感じられ少し厳しいです。
ロックにすると爽やかな味わいが出てきて飲みやすいです。

サントリーの定番となるとトリスや角瓶の影に隠れるボトルですが、1,000円強の価格でロックでも楽しめるオススメの1本です。

サントリーウイスキー トリス クラシック/TORYS CLASSIC★★

トリスは50年以上にわたって販売されている老舗ブランドですが、こちらは2015年から販売されています。

やさしく甘い香りと丸みのあるなめらかなバランスのとれた味わいで、ハイボールのほかロックや水割りでも楽しめるというブレンデッドウイスキーです。ラベルの金の縁はハイボールで飲むためのタンブラーをイメージしているそうです。
2021年購入時には1回で30ml注げる定量ポーラーがついてきました。

  • 原材料:モルト、グレーン
  • アルコール度数:37%
  • 購入日:2021年3月

香りはアルコールが強く感じられますが、ストレートで飲むとピリピリした感覚はなく、微かな甘味とが感じられます。ロックでは甘味が前に出て飲みやすくなります。ハイボールはいい意味で無難ですね。お値段的にも躊躇せずに飲みすすめられました。家飲みボトル候補の1つとして良いと思います。

サントリーウイスキー トリス エクストラ

2010年から販売されています。

サントリーウイスキー レッド

1964年から発売されています。

タイトルとURLをコピーしました