若鶴酒造のウイスキー(三郎丸蒸留所)

若鶴酒造(WAKATSURU)は日本酒の生産販売を中心とした酒造メーカーで、富山県砺波市三郎丸に三郎丸蒸留所(Saburomaru)を所有しています。

若鶴酒造/三郎丸蒸留所の歴史

若鶴酒造は、江戸末期の1862年(文久2年)に地元加賀藩の豪農が藩からの免許を得て酒造りを開始したことに始まります。その後、第一次世界大戦後の高景気のなか会社として設立されました。
ウイスキー生産の歴史としては、1952年にウイスキー製造の免許を取得後、三郎丸蒸留所の稼働を開始するも、翌1953年には火災により設備が焼失してしまいました。
しかし、近隣住民などの協力のもと、わずか半年で再出発を果たし、以降は小規模ながらもウイスキー製造を行なっていました。
施設の老朽化に伴い、2016年にはクラウドファンディングにより資金調達を実施し、目標額(2500万円)を大きく上回る3800万超の資金集めに成功し、2017年には見学施設も併設したウイスキー蒸留所へと生まれ変わりました。
2019年には、富山県高岡市が誇る梵鐘の製造技術をもとに生み出された世界初となる鋳物蒸留器「ZEMON」が稼働を開始しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • COVID2019拡大に伴い、消毒用アルコールとしても利用できる高アルコール度数のスピリッツ「砺波野スピリット77%」を販売しています。

主な製品ラインナップ

サンシャインウイスキー

サンシャインウイスキー プレミアム

ムーングロー ファーストリリース/MOON GLOW First Release

WWA2018においてジャパニーズ ブレンデッド リミテッドリリース12年以下の部にてベストウイスキーに選出。1960年に蒸留したモルトをはじめ、最低10年以上熟成を重ねた原酒のみを吟味しブレンドされています。
当酒造ではアワード初選出のボトルで、2017年10月に2496本限定でオンライン販売されるも僅か7分で完売となったそうです。

タイトルとURLをコピーしました