ジェムソン/Jameson

ジェムソン(Jameson)は、単一の蒸留所で生産されたウイスキーとして世界三位のアイリッシュを代表するウイスキーです。現在はペルノ・リカール社の子会社であるアイリッシュ・ディスティラーズ社所有のミドルトン蒸留所で製造されています。

ジェムソンの歴史

創業者はジョン・ジェムソン

スコットランドのアロア出身である弁護士であり実業家のジョン・ジェムソン(John Jameson)が、1786年にボウ・ストリート蒸留所の経営権を取得したことに始まります。

ジェムソン蒸留所(旧ボウ・ストリート蒸留所)

ジョン・ジェムソンの妻マーガレット・ヘイグは、ヘイグ蒸留所を所有していたヘイグ家の一族ですが、ボウ・ストリート蒸留所はヘイグ家の遠縁にあたるスタイン家が1780年に設立しました。ラベルにも「」

経営権を取得当時のボウ・ストリート蒸留所の生産量は年間3万ガロンでしたが、ジョンはみるみるうちに事業を拡大、数十年でその生産力を年間100万ガロンにまで拡張!1805年には世界でも売上世界一のウイスキーメーカーにまで成長しました。
1810年、ジョン・ジェムソン・アンド・サン・アイリッシュウイスキー社を設立します。

しかし20世紀にはいるとアイリッシュウイスキー業界は不況に陥り、1966年ライバル会社とアイリッシュ・ディスティラーズ社として統合されます。IDL社がミドルトンに蒸留所を建設するに伴い、1976年にジェムソン蒸留所は幕を閉じました。旧ジェムソン蒸留所は現在博物館としてにぎわっています。

製法の特徴・こぼれ話

  • アイリッシュウイスキー特有の3回蒸留された後、4年以上熟成されています。
  • 「Sine Metu(シネ・メトゥ)」。これは恐れ知らずという意味で、ジェムソンの家訓としてボトルの前面にも記載されています。

主な製品ラインナップ

ジェムソン アイリッシュウイスキー​/JAMESON IRISH WHISKEY ★★★★

「ジェムソン スタンダード」とも呼ばれていているスタンダードボトルです。

原料 グレーン・モルト
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 低価格(1,000~2,000円)
購入時期 2017年9月
おすすめ飲み方 ストレート、ロック、ハイボール、アイリッシュコーヒー
評価(★~★★★★) ★★★★

ストレートでは「癖がない」というのが一番の印象でした。若干のアルコールの刺激はあるものの、洋ナシやライムのような爽やかな味わいで苦しくなく飲めました。
ロックにすると軽くなり、ストレートに比べて甘みが増した感じがします。
ハイボールには感動です。一般的な居酒屋さんに置かれているハイボールとはランクが2つくらい上の飲み応えがあります。

トータルとしてどの飲み方でも美味しくいただけます。夏場はハイボール、冬はアイリッシュコーヒーで楽しめますね。スコッチ系やバーボンのような癖がある味わいが好きな方は微妙かもしれません。

ジェムソン ブラック バレル

ジェムソン ゴールド リザーブ

ジェムソン セント パトリックス デー リミテッド

ジェムソン カスクメイツ

タイトルとURLをコピーしました