キルベガン/KILBEGGAN

キルベガン(KILBEGGAN)は、アイルランド最古と言われているブルスナ蒸留所で生産されていた代表銘柄を、クーリー蒸留所が復活させたブレンデッドアイリッシュウイスキーで、クーリー蒸留所の主力商品のひとつとなっています。

また、ここでは2007年に蒸留を再開させたキルベガン蒸留所についてもこちらで触れておきます。

いずれも現在はサントリーが所有しています。

キルベガンの歴史

ブルスナ蒸留所

ブルスナ蒸留所(Brusna)は、タラモアから北に10km北に離れたキルベガン村のブルスナ川沿いにある蒸留所です。キルベガン村はゲール語で「ベガンの教会」という意味で、6世紀にアイルランド12聖人の1人である聖ベガンが立てた修道院があったことから名付けられたと言われています。

蒸留所は1757年にマシュー・マクマナス(Matthew MacManus)によって設立された記録上アイルランド最古の蒸留所です。1797年にウィリアム・コッド(William Codd)らの手に渡ったのち、1843年にジョン・ロック(John Locke)が買収し、ロック蒸留所(Lockes)としてアイリッシュウイスキーの代表格にまでなりましたが、1947年に蒸留所は売りに出され、1954年に生産停止、1957年には完全に閉鎖されてしまいました。

しかし、1970年代から地元の有志により蒸留所を復元し蒸留所博物館として公開すると、1988年にクーリー社がロック蒸留所とキルベガンブランドの商標オーナーとなったことで、復興の兆しが見えてきました。

蒸留所は、創業から250年を迎えた2007年に蒸留を再開しています。
同所で使われる2基の銅製ポットスチルのうちの1つは1800年代初めに作られたもので、かつてはタラモア蒸留所で利用されており、ウイスキー生産のポットスチルとしては世界最古と言われています。

また、蒸留のビジターセンターは2008年のウイスキーマガジンのイコンス・オブ・ウイスキービジターアトラクション部門にもノミネートされている人気の高いビジターセンターとなっています。

製法の特徴・こぼれ話

  • キルベガンは、クーリー蒸留所で蒸留した一部原酒を200年以上前に作られたキルベガン蒸留所内の花崗岩の貯蔵庫で熟成されています。また、キルベガン蒸留所の原酒も使用しているといわれています。
  • 使用樽は主にバーボン樽となっており、30%のモルトと70%のグレーンがブレンドされています。
  • スムースな味わい。アイリッシュらしい飲みやすくライトな風味に仕上がっています。スムーズで飲みやすくライトな香味。バランスが良く複雑な風味がある。

主な製品ラインナップ

キルベガン/KILBEGGAN ★★★

2009年にIWSCのBronze Medalを受賞しています。

原料 グレーン・モルト
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2018年10月
おすすめ飲み方 ロック、ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

ストレートでは柑橘系の甘さが微かに感じられます。アルコールの刺激はあまり感じられません。

ロックにすると滑らかさが全面に出てきて飲みやすいですね。穀物の香りが程よく感じられます。ハイボールでも飲みやすいですね。

アイリッシュの王道は流行りジェムソンですが、こちらも十分美味しく楽しめました。

タイトルとURLをコピーしました