バランタイン/Ballantine’s

バランタイン(Ballantine’s)は、ペルノ・リカール社/シーバス・ブラザーズ社傘下のジョージ・バランタイン&サン(George Ballantine & Sons)社によって製造販売されているブレンデッドウイスキーで、日本ではサントリーが販売しています。

バランタインの歴史

創業者はジョージ・バランタイン

創業者のジョージ・バランタイン(George Ballantine)は、13歳でエディンバラの商人アンドリュー・ハンターのもとへ奉公に出た後、1827年、若干19歳の時にエディンバラのカウゲート(Cow Gate)に小さな食料品店を開きます。次第に成功を収めたていったジョージは、エディンバラ内でより高級な地域に店を移し、ウイスキー販売にも力を入れるようになりました。

ブレンデッドウイスキーを販売するきっかけとなったのは1863年。
友人のアンドリュー・アッシャーがヴァッテドモルトウイスキーを製造した話に影響を受け、自らもブレンドの技術を磨き始め、その技術と評価は年々高まっていきました。1970年にはグラスゴー(Glasgow)へ新規店舗もオープンしています。

1891年にジョージが亡くなると、事業はグラスコーではジョージ2世へ事業が引き継がれました。
1895年にヴィクトリア女王から王室御用達の称号を授与されたことで一躍有名になり、国内外へ名を轟かすことになりました。
1938年にはスコットランド紋章院から紋章を授与されています。

経営権は1919年にRA McKinlay and James Barclay社へ経営を譲った後、1935年にはハイラム・ウォーカー社、1987年にアライド・リヨンズ社(後のアライド・ドメック社)とわたり、2005年からはシーバス・ブラザーズ社の傘下になっています。

現在の主力工場:キルマリッド

現在の主力工場は1977年にキルマリッド(Kilmalid)に建設されました。
グレーンウイスキーの蒸留施設はありませんが、ブレンド・ボトリングを行なっています。
敷地面積47万㎡もある巨大な工場は、ブレンド・瓶詰工場としては現在でも最大規模の1つと言われていて、700ml瓶 12本入りに換算すると年間約1400万ダースも出荷されています。

歴代のマスターブレンダー

ジョージ・バランタイン George Ballantine バランタインの創業者。
ジョージ・ロバートソン George Robertson バランタイン17年の生みの親といわれています。
ジャック・ガウディ― Jack Goudy
ロバート・ヒックス Robert Hicks 2006年、Hall of Fame受賞。
バランタインを定年退職後、ジム・ビーム社でラフロイグ・ティーチャーズ・ アードモアの責任者を担当。
サンディー・ヒスロップ Sandy Hyslop 2005年~。

製法の特徴・こぼれ話

  • 40種類以上のスコットランド各地のシングルモルト原酒と4種類のグレーン原酒をブレンドされていると言われています。
    以前は、スキャパ、プルトニー、バルブレア、グレンカダム、グレンバーギー、ミルトンダフ、アードベッグがキーモルトとなっており、これらを「魔法の7柱」などと呼ばれていましたが、現在のキーモルトはグレンバーギー、ミルトンダフ、スキャパ、グレントファースのようです。
  • ファイネストや12年のラベルのV字デザインは「シェブロンシェイプ ラベル」と呼ばれ、「保護」と「信頼できる働きを成した建築家」を意味しています。
  • ラベルの紋章には、バランタインが出来上がるまでのストーリーを「大麦」「清流」「ポットスチル」「樽」で表現しています。

主な製品ラインナップ

​バランタイン ファイネスト/Ballantine’s FINEST ★★★★

\

通称「バラファイ」とも呼ばれているエントリーモデルながら、40種もの原酒をブレンドしていながらお手ごろ価格で購入できます。
1910年に発売が開始さされましたが、IWSC 2014によるとヨーロッパで一番飲まれているスコッチウイスとのこと。甘いバニラのような甘い香りが特徴で、飲み方を選ばず世界中で長く愛されています。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 低価格(1,000~2,000円)
購入時期 2017年4月
おすすめ飲み方 ストレート、ロック、ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★★

ストレートでは仄かな苦味とともに甘さが口の中に広がります。ちょっと柑橘系の酸味もします。
ロックでは甘い香りが優しく広がってきます。水割りやソーダ割りにしても香りが消えることなくスムーズに飲めます。むしろ飲みすぎ注意です。

スペインの若者の間でコーラ割が流行っているということで試してみましたが、個人的にはコーラ感が強くあまり刺さりませんでした。

バランタイン 12年/Ballantine’s Aged 12 years/★★★★

以前は「バランタイン ブルー」として販売されていた12年物になります。
12年以上熟成させた40種を超えるモルト・グレーン原酒をブレンドさせています。
蜂蜜やバニラのような甘く華やかな香り、複雑ながらもバランスのとれたクリーミーな飲み応えのある味わい、爽やかに伸びる余韻が楽しめます。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 低価格(1,000~2,000円)
購入時期 2017年10月
おすすめ飲み方 ストレート、ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★★

バラファイと同様の甘い香りにプラスして、樽の香りが感じられます。
ストレートでは、バラファイの甘さが奥に隠れ、樽のウッディな味わいが前面に感じられます。
水割りではウッディさが隠れてしまいます。

旧ブルーラベルは、日本のハイボール市場向けに作られたといわれていますが、そのとおりハイボールではすいすい飲めてしまいます。

飲みやすさであれば12年、個性を感じるならバラファイといったように感じです。

​バランタイン ハードファイヤード/Ballantine’s HARD FIRED

ハードファイヤーリングと呼ばれる製法で、内側を激しい炎で焦がした樽でフィニッシュさせることで、バニラのような甘さだけでなく、ほのかなスモーキーさも味わえます。

​バランタイン マスターズ/Ballantine’s MASTER’S

長期熟成のモルト原酒と軽やかなグレーン原酒をブレンドし、オレンジのような爽やかでフルーティな味わいと、滑らかな口当たりが特徴です。

​バランタイン 17年/Ballantine’s Aged 17 years

​バランタイン 21年/Ballantine’s Aged 21 years

​バランタイン 30年/Ballantine’s Aged 30 years

タイトルとURLをコピーしました