タリスカー(アイランズ)

タリスカー蒸留所(Talisker)は、スコットランドのスカイ島(Isle of Skye)唯一のモルトウイスキー蒸留所です。ディアジオが所有しています。

スカイ島は、スコットランド北西部に位置する1,700km2ほどの大きさの島で、本土を除くとルイス島についで2番目に大きな島です。バイキングが使用していた古代ノース語で「翼の形をした島」が由来と言われています。

蒸留所のあるカーボスト(Carbost)は、北緯57度でありながらメキシコ湾流の影響で雪が積もることは少ないものの、「霧の島」と呼ばれるほど濃霧に覆われたり天候が非常に変わりやすい気候です。蒸留所名の由来は、近くにある傾いた大岩(タリスカー・ハウス)から命名されています。

タリスカー蒸留所の歴史

近隣のエイグ島から渡来したヒュー&ケニスのマカスキル兄弟(Hugh and Kenneth MacAskill)が、農地として借用した土地で副業として1830年に蒸留所をオープンしました。オープン当初の経営は決して順調ではなかったそうで、近隣住民の反発や資金繰りがうまくいかず、北スコットランド銀行など様々なオーナーの元をわたりましたが、1925年にDCL社に買収され現在に至っています。

1960年には蒸留所で火災が発生しましたが、当時の従業員の懸命な努力により2年後に復活しました。

製法の特徴・こぼれ話

  • 岩礁の島であることから、仕込み水は蒸留所の近くの丘に掘った14も地下水源からなるホークヒルの水を使用しています。ミネラルとピートが豊富な水源と言われています。
  • ポットスチルのアームは途中で2度折れ曲がっており、カーブ部分に溜まった液体は釜に戻されることで、モルト独特のパワフルな胡椒の風味を生み出していると言われています。
  • 1928年までアイリッシュ式のの3回蒸留が行われており、その名残としてウォッシュスチルが2基に対して3基のスピリットスチルが設置されています。
  • シングルモルトとしても有名ですが、ジョニーウォーカーなどのブレンディングモルトとしても活躍しています。
  • 『ジキル博士とハイド氏』『宝島』などの著者として有名なロバート・スティーヴンソン(Robert Louis Balfour Stevenson)は、タリスカーこそが酒の王者として「KING OF DRINKS」と名づけるほど愛飲していました。

主な製品ラインナップ

タリスカー 10年/10 years★★★

スカイ島の激しい荒波を表現している箱が綺麗ですが、ボトルは結構シンプルに収まっています。
潮風のような香りと黒胡椒を思わせるスパイシーな味わいがリンゴのような爽やかな酸味が感じられる1本とのことです。

定期的に「スパイシーハイボールキャンペーン」という企画が行なわれていて、黒胡椒の燻製(5g)がついてきます。インド産の黒胡椒にスコットランド産のピートを効かせて燻製されているそうです。

  • 原材料:モルト
  • アルコール度数:45.8%
  • 購入日:2018年5月

ストレートではスパイシーさが舌に広がります。度数の割にはアルコールの辛さも感じられません。
トゥワイスアップでは、スパイシーさは残りながらも爽やかな酸味・甘みが感じられます。ロックやハイボールでも十分美味しいのですが、少々個性がなくなってしまう感じがしました。

せっかくなので、砕いてハイボールにまぶしてみたのですが良く分からず。砕きが足りなかった模様です。

非常に漢らしい1本で、ストレートやトゥワイスアップでガツンと楽しめます。

タリスカー ストーム/STORM

荒々しくスパイシーでピーティーなテイストに、嵐の様な潮の風味と甘い麦の香り。後味は草原の様なフィニッシュ。

タリスカー ポートリー/PORT RUIGHE

スカイ島最大の港町ポートリーから命名。19世紀、荒波を乗り越えポルトガルに向かい、ポートワインを買い付けてていた先人達を称えて名づけたそうです。完熟したプラムのような甘さが特徴。

タリスカー 57°ノース/57° NORTH

蒸留所のある北緯57度から命名。アメリカンホワイトオークのリフィル樽で熟成させた、甘い口当たりながらも力強いスモーキー、黒コショウの様なフィニッシュを持ち合わせているのが特徴。

​タリスカー 18年/18 YEARS

タリスカー 25年/25 YEARS

タリスカー 30年/30 YEARS

​タリスカー ディスティラーズ エディション/DISTILLERS EDITION

タイトルとURLをコピーしました