★★★リチャードソン

「リチャードソン(RICHARDSON)」です。

情報があまり多くはないのですが、グレンマレイのモルトを使用されており、グラスゴー近郊のバスゲイト(Bathgate)で最低3年以上熟成され、その後フランスでボトリングを行なっているそうです。

伝統的なブレンド技術により熟成された味わいが魅力的で、世界15カ国以上で販売されているそうです。

  • 生産国:スコットランド
  • 販売元:リチャードソン社/巴工業(輸入販売)
  • 原材料:モルト、グレーン
  • ジャンル:ブレンデッド
  • アルコール度数:40%
  • 購入日:2018年8月

ストレートで口に含むとピリっとした刺激が感じられますが、レーズンのような甘さが感じられます。
ロックにすると刺激はだいぶ和らぎますが、飲みやすいというほどではありません。
ハイボールにすると、スモーキーさも感じられて飲みやすいです。レモンを絞って入れると更に飲みやすくなりました。

これといった特徴はありませんが、お値段的に家飲み用としては損のない1本だと思います。

タイトルとURLをコピーしました