山崎蒸留所(サントリー)

山崎蒸留所(Yamazaki)は、サントリーが大阪府三島郡島本町に所有するモルトウイスキー蒸留所です。かつて千利休がこの地に茶室を設けたほど水質がよい立地といわれています。

山崎蒸留所の歴史

1923年に日本初のモルトウイスキー蒸留所として創業されました。寿屋創業者である鳥井信治郎は、スコットランドでウイスキー製造を学んだ竹鶴政孝を所長に任命後、1929年に日本初のウイスキー「白札」を製造出荷しています。
竹鶴は10年の契約期間終了後、契約更新せずに退社し、北海道余市郡余市町大日本果汁(のちのニッカウヰスキー)を設立しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • 様々なタイプの原酒を作るため、発酵槽はステンレス槽だけでなく木桶槽も使用しています。蒸溜釜初溜釜、再溜釜各6基ずつ備えています。
  • ポットスチルの形状は主に新旧2種類のストレートヘッド型とバルジ型を採用しています。加熱方法も直火蒸留と間接加熱の2種類を用いています。
  • 熟成庫は樽を三段から四段積みあげてたダンネージ式を主に採用しています。
  • カスクはホワイトオーク製のパンチョンを多く用いている他、シェリーバット、ミズナラ樽などを様々な種類の樽を使用しています。

主な製品ラインナップ

 

タイトルとURLをコピーしました