ホワイトホース/WHITE HORSE

ホワイトホース(WHITE HORSE)は、日本でも古くから愛されているブレンデッドスコッチウイスキーです。
現在はディアジオ社傘下のブランドで、日本ではキリンHD社から販売されています。

ホワイトホースの歴史

創業者はピーター・マッキー

創業者のピーター・マッキー(Peter Mackie)は、のちにクレイゲラヒ蒸留所とグレンエルギン蒸留所を買収しているスコッチ界の大物です。
1878年に伯父のジェームズ・ローガン・マッキー(James Logan Mackie、社名も同一)がオーナーであったラガヴーリン蒸留所でウイスキー造りを学んだのち、1878年に独立してマッキー社(Mackie & Co.)を設立、1890年にホワイトホースを発売しました。
1908年には英仏博覧会でグランプリを獲得し、英国王室御用達の栄誉も同年授与され有名になりました。
1920年、スクリューキャップをウイスキーボトルに初めて導入したブランドでもあります。
1924年にホワイトホース社と名称変更後、1927年からはDCL社に買収されています。

製法の特徴・こぼれ話

  • キーモルトはアイラのラガヴーリン。他に、オルトモア・クライゲラキ・グレンエルギンといったのスペイサイドモルトがブレンドされています。
  • ブランドの由来は、エディンバラ城にほど近いスコットランド軍の酒場兼定宿であった「白馬亭(ホワイトホースセラー)」に由来していて、ウイスキーのラベルにも白馬亭の看板が描かれています。
    この宿はエディンバラからロンドンへの乗合馬車の出発点であり、ロンドンへの出発を前にした人々の「夢」や「希望」の象徴の宿と言われています。ちなみに刻まれている「1742」は白馬亭の創業年。
  • 発売当初は「ホワイトホースセラー」(White Horse Cellar)というブランド名称でしたが、1960年ごろに現在のホワイトホースとなった、と言われています。

主な製品ラインナップ

ホワイトホース ファインオールド/WHITE HORSE Fine Old ★★★

1,000円少々で購入でき、水割りやハイボールにすることでドライな味わいを楽しむことが出来ます。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 低価格(1,000~2,000円)
購入時期 2017年5月
おすすめ飲み方 ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

開栓すると、微かに海や磯のような塩味と変な表現ですが乾いた甘みが感じられます。
ストレートではホロ辛さが全面に出てきてしまいますが、ハイボールで飲むと乾いた甘みにプラスしてこれまで感じられなかったスモーキーさが感じられていい感じです。

手頃な価格帯ながらも「ウイスキーを飲んでる感」に浸ってオトナになれる気がします。

​ホワイトホース 12年

日本市場専用に開発された1本で、日本ではもうお馴染みとなったハイボールで飲むことを推奨されているそうです。

タイトルとURLをコピーしました