東亜酒造

東亜酒造/Toa Shuzoは、1625年創業の埼玉県羽生市にある酒造メーカーで、ウイスキーの他に日本酒や焼酎などを製造販売しています。

1952年からウイスキーの販売を開始し、1980年からは羽生蒸留所を建設して自社で蒸留を開始してましたが2000年に操業停止しています。

2004年、ウイスキー事業から撤退した際に残っていた原酒を、羽生蒸留所の設立者の孫である肥土伊知郎が受け取り、笹の川酒造の援助を受けながらベンチャーウイスキーを立ち上げ、イチローズ・モルトを販売するにいたりました。

2016年よりウイスキー事業を再開しています。

タイトルとURLをコピーしました