【REVIEW】ワイルドターキー スタンダード

ワイルドターキーシリーズから『ワイルドターキー スタンダード』を飲んでみます。

アルコール度数を40度に抑え、6~8年熟成させた原酒をブレンドしています。
甘いバニラや洋ナシに加え、ほのかなスパイシーさも感じられる、爽やかで柔らかな口当たりのボトルで、若い方や女性向けの飲みやすさを重視しているということです。

商品名 ワイルドターキー スタンダード
WILD TURKEY STANDARD
販売元 Campari Group/カンパリグループ社
Austin Nichols/オースティン・ニコルズ社
原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
原酒 ワイルドターキー蒸留所
ウイスキーカテゴリ アメリカンウイスキー
バーボンウイスキー
700mlあたりの価格目安 2000円前後
購入時期 2020年4月

ワイルドターキー スタンダードを飲んでみた

甘く香ばしさが広がっていきます。ライ麦比率が高いのでそのためでしょうか。

ストレートでは、アルコール感は若干感じられますが悪くないです。イメージしていたよりも柔らかい印象を受けます。

ロックにすると甘みが更に広がって感じられます。少し時間を置いてのロックのほうが美味しく感じられました。

ハイボールもいいですね。特に脂っこい中華料理などには合いそうな気がします。夏場には最適だと思います。

ワイルドターキー スタンダードの総評

ガツンというバーボンらしさはそれほど強くないですが、食事の邪魔をせず飲みやすい1本でした。

おすすめ飲み方:ロック、ハイボール
評価(★~★★★★):★★★(もう1度飲みたい)

タイトルとURLをコピーしました