トマーティン レガシー

LVMH社が北ハイランド地方に保有しているトマーティン蒸留所のスコッチ・シングルモルトウイスキー『トマーティン レガシー/Tomatin Legacy』を飲んでみます。

トマーティン レガシーの事前情報

Legacyとは「受け継がれる遺産/財産」で、熟成年数は明記されていないノンビンテージボトルです。

バーボン樽熟成の原酒とアメリカンオークの新樽で熟成した原酒がヴァッティングされています。
ヴァッティングにあたっては、蒸留所のスタッフの投票によって決定されたそうです。

オーク樽由来の甘く力強い香りと軽やかでデリケートな味わいが特長とのこと。

原料:モルト
アルコール度数:43度
700mlあたりの価格目安:中価格(3,000円前後)
購入時期:2019年3月

トマーティン レガシーを飲んでみた

ストレートで口に含むと、アルコールの刺激が感じられますが、はちみつのような甘さもしっかりと感じられます。ピート感は感じられません。

ロックでは、甘さが前に出てきて軽やかな味わいになります。

水割りにしてみると、なぜか随分と水っぽくなってしまいます。ハイボールでも同様。

トマーティン レガシーの総評

一言でいうと、良くも悪くもお値段相応の味わいでした。
ちょっとパンチが足りないというのが率直な感想ですが、お手頃価格のシングルモルトとしては悪くないと思います。

おすすめ飲み方:ストレート、ロック
評価(★~★★★★):★★(気が向いたらリピート)

タイトルとURLをコピーしました