​ザ・グレンリベット 12年

ペルノ・リカール社がスペイサイド地方に保有しているザ・グレンリベット蒸留所のスコッチ・シングルモルトウイスキー『​ザ・グレンリベット 12年/THE GLENLIVET 12 YEARS OF AGE』を飲んでみます。

ザ・グレンリベット 12年の事前情報

アメリカンオークで熟成されています。バニラの口当たりと独特のスムースさが感じられるそうです。
トロピカルフルーツや花の香りとはちみつの風味が調和した飲む人を虜にさせる品格のあるウイスキーとのことです。

原料:モルト
アルコール度数:40度
700mlあたりの価格目安:中価格(3,500~4,000円)
購入時期:2018年9月

ザ・グレンリベット 12年を飲んでみた

開栓するとチェリーのような甘い香りが感じられます。ピート香は感じられません。

ストレートで口に含むとバニラの香りが口の中に広がってきます。
ベタついた嫌味はないのでスッと味わえました。

ロックにすると木香の味わいが感じられ、その後に上記の甘みが感じられます。
個人的にはこのロックの味わいが気に入りました。

トゥワイスアップやハイボールにしてしまうと心地よい香りが失われてしまいます。

ボトル名の総評

クセがなくスムースな味わいを十二分に感じられる1本で、女性にもおすすめだとおもいます。
お値段的にも文句ないですね。世界中で飲まれているだけあり満足です。

おすすめ飲み方:ストレート、ロック
評価(★~★★★★):★★★★(リピート必至)

タイトルとURLをコピーしました