ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド

ディアジオ社のスコッチ・ブレンデッドウイスキー、ジョニーウォーカーのブレンダーズパッチシリーズから限定ボトル『ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド/Wine Cask Blend』を飲んでみます。

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの事前情報

ブレンダーはエイミー・ギブソン/Aimee Gibsonで、食事やデザートとのマリアージュを楽しめるワインのような新しいスコッチウイスキー、というコンセプトのもと、ワイン樽で熟成した原酒を複数ブレンドしフルーティーさ求めているそうで、ジョニーウォーカーブランドとしては、初めてワイン樽を推したボトルになります。

キーモルトとしてローズアイルの原酒を、グレーンはキャメロンブリッジの原酒などをブレンドしているということです。

原料:モルト・グレーン
アルコール度数:40度
700mlあたりの価格目安:低価格(1,000~2,000円)
購入時期:2018年5月

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドを飲んでみた

予想以上にまろやかなブドウの香りが広がります。
この香りだけで十分に楽しめますので、ストレートで味わうのがおすすめです。

ロックでも楽しめますが、香りがすぐに閉じてしまいます。

一方で、ハイボールや水割りにしてしまうと、いい意味で重みが感じられず物足りなくなってしまいました。

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの総評

ローズアイルの原酒を楽しみたい、ジョニーウォーカ初のワイン樽コンセプトを味わいたい、という方には十分楽しめる1本だと思います。

おすすめ飲み方:ストレート、ロック
評価(★~★★★★):★★★(もう1度飲みたい)

 

タイトルとURLをコピーしました