ジョニーウォーカー トリプルグレーン アメリカンオーク10年

ディアジオ社のスコッチ・ブレンデッドウイスキー、ジョニーウォーカーのブレンダーズパッチシリーズから限定ボトル『ジョニーウォーカー トリプルグレーン アメリカンオーク10年/TRIPLE GRAIN AMERICAN OAK Aged 10 Years』を飲んでみます。

トリプルグレーン アメリカンオーク10年の事前情報

ジム・ビバリッジがケンタッキーでブレンドに携わっていた経験を元にブレンドされています。

トリプルグレーンとは、小麦・大麦・トウモロコシの3種類のグレーンウイスキーのことで、2010年に閉鎖されたポートダンダス蒸留所で製造されていたようです。

モルト原酒はアメリカンオークの樽で10年以上熟成されたものを使っていて、キーモルトはスペイサイド地方のカーデュとモートラックになります。

バーボンウイスキーに寄せた1本のようで、スコッチ初心者層をターゲットとしているようです。
10年モノのお酒ながらジョニ黒よりも若干安めのお値段なのは、グレーン比率が高いからでしょうか?

原料:モルト・グレーン
アルコール度数:41度以上42度未満
700mlあたりの価格目安:中価格(2,000~4,000円)
購入時期:2018年1月

トリプルグレーン アメリカンオーク10年を飲んでみた

ストレートで口に含むと、アルコールの辛さの後にバニラの甘さとスパイシーな刺激です。
ジョニ赤に甘みを足した感じです。

ロックではアルコールの刺激がなくなり蜂蜜のような甘い味わいで、バーボンに似た味わいにあります。

ハイボールにするとグレーンの爽やかな味わいが前に出てきて飲みやすくなります。
ピートの主張もそれほど強くないです。

トリプルグレーン アメリカンオーク10年の総評

ジョニ黒好きな方にとっては満足度は高くないかもしれませんが、個人的にはストレートを除いて色々な飲み方で十分に楽しめる1本でした。

一風変わったジョニーウォーカーを楽しんでみたい方は是非ともお試しいただきたい1本です。

おすすめ飲み方:ロック、ハイボール
評価(★~★★★★):★★★(もう1度飲みたい)

タイトルとURLをコピーしました