ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 スペイサイドオリジン

Diageo/ディアジオ社JOHNNIE WALKER/ジョニーウォーカー のオリジンシリーズからブレンデッドモルトウイスキーの限定ボトル『ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年スペイサイドオリジン/BLACK LABEL SPEYSIDE ORIGIN』を飲んでみます。

スペイサイドオリジンの事前情報

当初は北米の免税店限定で販売されていましたが、2020年から一般販売されるようになりました。
オリジンシリーズの第1弾として、日本市場への入荷は76,608本で4月28日より発売されています。

スペイサイドオリジンということで、ディアジオ社が保有するスペイサイド地方のシングルモルトであるカーデュと Glendullan/グレンダラン蒸留所 がキーモルトを中心としてブレンドされています。
グレーン原酒は使用されていないため、ブレンデッドモルトウイスキーとなります。

オーク樽とファーストフィルのバーボン樽で12年熟成されており、スペイサイド特有の甘さが際立ち、ほのかにスモーキーさが感じられる絶妙なバランスを持っているということです。

原料:モルト
アルコール度数:42度
700mlあたりの価格目安:中価格(3,500円前後)
購入時期:2020年5月

スペイサイドオリジンを飲んでみた

開栓すると、青りんごのようなフレッシュな甘い香りが全面に出てきます。

ストレートで口に含むと、このフレッシュな甘い香りがいい感じです。微かなスパイシー感とともに、若干のべとついた甘さも感じられます。

ロックでは、アルコールの苦味が消えてマイルドな味わいになります。

加水してトゥワイスアップでも同様にいいです。個人的にはこちらが一番気に入りました。

ハイボールで飲むと、甘い香りが消えてしまって勿体なく感じてしまいました。

スペイサイドオリジンの総評

限定ボトルながらも、この価格帯でロックやトゥワイスアップでフレッシュな甘みを感じられるのは非常に素晴らしいです。

おすすめ飲み方:ロック、トゥワイスアップ
評価(★~★★★★):★★★★(リピート必至)

タイトルとURLをコピーしました