ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディション

ディアジオ社のスコッチ・ブレンデッドウイスキー、ジョニーウォーカーから限定ボトル『ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディション/BLACK LABEL SHERRY EDITION』を飲んでみます。

ジョニーウォーカー ブラックラベル シェリーエディションの事前情報

ブラックラベルの特徴であるスモーキーさ・甘み・ウッディさの中でも、シェリー樽で熟成した原酒を用いることで「甘み」を伸ばした1本とのことです。

ブレンダーチームの1人であるクリス・クラーク/Chris Clarkがブレンドし、カーデュ、ストラスミルやブレアソールなどから12年以上熟成の原酒のみがブレンドされています。

原料:モルト・グレーン
アルコール度数:40度
700mlあたりの価格目安:中価格(2,000~4,000円)
購入時期:2018年12月

ジョニーウォーカー ブラックラベル シェリーエディションを飲んでみた

甘み・香りが強く、微かながらスモーキー感が感じられるので、ストレートで飲むのがおすすめです。

ジョニ黒のイメージで飲んでしまうと少し面食らってしまうかもしれません。
それだけ甘みが前面に出てきます。

逆に甘みが強く感じられるときは、ロックやトゥワイスアップで味わったほうが良いと思います。

ジョニーウォーカー ブラックラベル シェリーエディションの総評

定価でいうとブラックラベルの1.5倍ほどの価格になり、決してコストパフォーマンスが高くはありませんが、少し贅沢な1本として良いと思います。

おすすめ飲み方:ストレート、ロック、トゥワイスアップ
評価(★~★★★★):★★★(もう1度飲みたい)

タイトルとURLをコピーしました