ジョニーウォーカー ソング オブ アイス

Diageo/ディアジオ社 のスコッチ・ブレンデッドウイスキー、JOHNNIE WALKER/ジョニーウォーカー から限定ボトル『ジョニーウォーカー ソング オブ アイス/A SONG OF ICE』を飲んでみます。

ジョニーウォーカー ソング オブ アイスの事前情報

米国のテレビドラマ「Game of Thrones/ゲーム・オブ・スローンズ」とのコラボしたボトルになります。
ラベルの狼は作中に登場するダイアウルフというキャラクターです。

スコットランド最北端の蒸留所である Clynelish/クライヌリッシュ蒸留所 をキーモルトとしていますが、これはドラマの原作である「氷と炎の歌/A Song of Ice and Fire」のアイスの部分をなぞらえています。

爽やかな草の香りのとバニラやトロピカルフルーツの甘みがが特徴とのことです。

原料:モルト・グレーン
アルコール度数:40度以上41度未満(40.2度)
700mlあたりの価格目安:中価格(2,000~4,000円)
購入時期:2020年5月

ジョニーウォーカー ソング オブ アイスを飲んでみた

ラベルの冷たい印象に反して、バニラのような甘い香りが香りが全面に出てきます。これがクライヌリッシュのキーモルトの味わいでしょうか。(単体では未飲)

ロックにすると、その甘い味わいの中にホロ苦さが混じってきます。

ハイボールでは苦さがしっかりと感じられ気に入りました。
草の香り、というのは正直あまり感じられませんでした。

ジョニーウォーカー ソング オブ アイスの総評

ラベルの冷たい印象と真反対の味わいで、また、ジョニーウォーカーらしさはありませんが、個人的には気に入りました。

限定品ではありますが、比較的流通しているようなので是非お試しいただきたい1本です。

おすすめ飲み方:ストレート、ハイボール
評価(★~★★★★):★★★(もう1度飲みたい)

タイトルとURLをコピーしました