ブラックニッカ アロマティック

ニッカウヰスキー社のジャパニーズ・ブレンデッドウイスキー限定ボトル『ブラックニッカ アロマティック/BLACK NIKKA AROMATIC』を飲んでみます。

ブラックニッカ アロマティックの事前情報

1956年に特級ウイスキーとしてブラックニッカが誕生してから60年を記念された数量限定(144,000本)ボトルの第3弾になり、2017年11月21日に発売されました。

キャッチコピーは「逆らいきれない、香りの誘惑」。香りに重きを置いているようです。

キーモルトは宮城峡蒸留所のモルト原酒から特に華やかなフルーツ香を持つタイプを厳選し、宮城峡のカフェグレーンとカフェモルトでその特長を引き立てたブレンド。
20~30代のウイスキーエントリー層をターゲットとしているそうで、アルコール度数も40度とこれまでの限定ボトル2本比べて低めとなっています。

原料:モルト・グレーン
アルコール度数:40度
700mlあたりの価格目安:低価格(2,000円前後)
購入時期:2017年12月

ブラックニッカ アロマティックを飲んでみた

ストレートでは、フルーティな味わいが感じられましたが、余韻は長く感じられませんでした。
ビターな樽の味わいもありますが若干のアルコール感は否めませんでした。

ロックでは、アルコール感が薄まる中で樽香が引き出されてくるように感じられます。
サラっとしていながらも、ストレートではなかった余韻も感じ取れ、味わいの変化が楽しめました。

ニッカ公式でオススメの濃いめのハイボールにしてもたところ、華やかな香りが鼻から突き抜けていき上品な味わいになります。

ブラックニッカ アロマティックの総評

女性にも飲みやすくおすすめの1本だと思います。

おすすめ飲み方:ロック、ハイボール
評価(★~★★★★):★★★(もう1度飲みたい)

タイトルとURLをコピーしました