バランタイン 12年

ペルノ・リカール社のスコッチ・ブレンデッドウイスキー、​バランタインシリーズから『バランタイン 12年/Ballantine’s Aged 12 years』を飲んでみます。

バランタイン 12年の事前情報

以前は「バランタイン ブルー」という名前で販売されていました。

12年以上熟成させた40種を超えるモルト・グレーン原酒をブレンドさせています。
蜂蜜やバニラのような甘く華やかな香り、複雑ながらもバランスのとれたクリーミーな飲み応えのある味わい、爽やかに伸びる余韻が楽しめるそうです。

原料:モルト・グレーン
アルコール度数:40度
700mlあたりの価格目安:低価格(1,000~2,000円)
購入時期:2017年10月

バランタイン 12年を飲んでみた

バラファイと同様の甘い香りにプラスして、樽の香りが感じられます。
ストレートでは、バラファイの甘さが奥に隠れ、樽のウッディな味わいが前面に感じられます。
水割りではウッディさが隠れてしまいます。

旧ブルーラベルは、日本のハイボール市場向けに作られたといわれていますが、そのとおりハイボールではすいすい飲めてしまいます。

バランタイン 12年の総評

飲みやすさであれば12年、個性を感じるならバラファイといったように感じで、個人的には甲乙つけがたい満足度です。

おすすめ飲み方:ストレート、ハイボール
評価(★~★★★★):★★★★(リピート必至)

タイトルとURLをコピーしました