オールドパー/Old Parr

オールドパー(Old Parr)は、ディアジオ社傘下のマクドナルド・グリンリース社が製造するスコッチ・ブレンデッドウイスキーです。

オールドパーの歴史

1871年にグリーンリース兄弟(Greenless brothers – James and Samuel)がロンドンにグリーンリース・ブラザーズ社を設立したのが始まりです。Macdonald, Greenlees and Williams社と合併ののち、1925年にDCL社傘下に入り現在はディアジオ社保有のブランドとなっています。

現在はイギリス国内では販売されておらず、海外向けに展開されているブランドになります。
特に1950年代に輸出を開始した中南米では人気が高く、コロンビアでのウイスキー市場の半数近くを占めているそうです。

日本では1873年に岩倉具視の欧米使節団が持ち帰り、明治天皇に献上されたと言われていて、日本でも古くから馴染みのあるウイスキーと言われています。

製法の特徴・こぼれ話

  • キーモルトはクラガンモアのシングルモルトです。
  • ブランドの由来は、152歳の長寿を全うしたというトーマス・パー(Thomas Parr)の愛称から付けられています。ラベルには彼の生没年(1483-1635)と、10代の英国王時代に渡った生涯でありウェストミンスター寺院に埋葬されていること、そしてルーベンスによる肖像画が記されています。
  • 特徴的な四角いボトルの表面は、17世紀の陶製ボトルをイメージしたクラックル・パターンというひび割れ模様になっており、グリンリース兄弟が考案したと言われています。
    また、このボトルはバランスを整えると斜めに立つそうで、この斜めに立つという特徴から「右肩上がりのウイスキー」として吉田茂や田中角栄など財界人に愛されていたと言われています。

主な製品ラインナップ

オールドパー シルバー/Old Parr Silver ★★★

日本限定商品として2015年に発売が開始されました。(九州地域では一部地区で2014年先行発売)。

ウイスキーで行われるチルフィルター(冷却濾過)の温度設定は通常0度付近のところを、-6度でフィルタリングすることで、スムースな味わいを実現しているとのことです。これは、原酒樽が大寒波の中放置してしまったら偶然にもスムースな味わいになった発見を再現しているそうです。

BBQやパーティ等の場でハイボールなど気軽に楽しめる1本とのことです。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2019年11月
おすすめ飲み方 ロック、ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

ストレートではアルコールの刺激はありますが、後から柑橘系の甘い味わいが感じられます。ロックで味わいの変化が楽しめます。スモーキーさは控えめです。

ハイボールにすると少し軽さが目立ってしまう気がします。ハイボールで飲むなら濃い目がおすすめです。

低価格ブレンデッドスコッチの名品に比べると少々値が張りますが、気分転換用の1本として楽しむ価値があります。

40種類を超える原酒がブレンドされています。食中酒としての水割りがオススメとのこと。

オールドパー スーペリア

1989年に誕生したボトルで、熟成の深さを味わえるそうです。

オールドパー 18年

2004年から発売されており、冷却濾過ではなく伝統的な濾過方法がとられています。

タイトルとURLをコピーしました