【BLAND】オールドパー

オールドパー/Old Parrは、ディアジオ社傘下のマクドナルド・グリンリース社/MacDonald Greenleesが製造するスコッチ・ブレンデッドウイスキーです。

オールドパーの歴史

1871年にグリーンリース兄弟/Greenless brothers – James and Samuelがロンドンにグリーンリース・ブラザーズ社を設立したのが始まりです。Macdonald, Greenlees and Williams社と合併ののち、1925年にDCL社傘下に入り現在はディアジオ社保有のブランドとなっています。

現在はイギリス国内では販売されておらず、海外向けに展開されているブランドになります。
特に1950年代に輸出を開始した中南米では人気が高く、コロンビアでのウイスキー市場の半数近くを占めているそうです。

日本では1873年に岩倉具視の欧米使節団が持ち帰り、明治天皇に献上されたと言われていて、日本でも古くから馴染みのあるウイスキーと言われています。

製法の特徴・こぼれ話

  • キーモルトはグレンダランとクラガンモアと言われています。
    以前はグレンダランのほうが配合比率が高かったそうですが、現在はクラガンモアのほうが配合比率が高いそうです。
  • ブランドの由来は、152歳の長寿を全うしたというトーマス・パー/Thomas Parrの愛称から付けられています。ラベルには彼の生没年(1483-1635)と、10代の英国王時代に渡った生涯でありウェストミンスター寺院に埋葬されていること、そしてルーベンスによる肖像画が記されています。
  • 特徴的な四角いボトルの表面は、17世紀の陶製ボトルをイメージしたクラックル・パターンというひび割れ模様になっており、グリンリース兄弟が考案したと言われています。
    また、このボトルはバランスを整えると斜めに立つそうで、この斜めに立つという特徴から「右肩上がりのウイスキー」として吉田茂や田中角栄など財界人に愛されていたと言われています。

主な製品ラインナップ

タイトルとURLをコピーしました