ノースブリティッシュ(グレーン蒸留所)

ノースブリティッシュ蒸留所(North British)は、コットランドのーランド地方エディンバラ唯一のグレーンウイスキー蒸留所です。ディアジオとエドリントンが共同経営している蒸留所で、多くのウイスキー業者がこの蒸留所からグレーン原酒の供給を受けています。

ノースブリティッシュ蒸留所の歴史

1885年、アンドリュー・アッシャー、ウィリアム・サンダーソン(William Sanderson)、ジョン・クラビー(John Crabbie)、ジェームス・ワトソン(James Watson)といった当時の名だたるウイスキーブレンダーを中心として設立されました。
当時グレーンウイスキーはDCL(現在のディアジオ)の独占状態にあり、その脱却を目的として設立されました。戦時中などで一時は休止していたものの、やがてスコットランドで最大のグレーンウイスキー蒸留所となりました。

1993年、R&B社(現在のエドリントン)とロージアンディスティラーズ社(Lothian Distillers)に経営権が渡りましたが、1997年にロージアンが現在のディアジオに買収され現在に至っています。

製法の特徴・こぼれ話

  • 最大のグレーンウイスキー蒸留所であるキャメロンブリッジに比べると小規模ですが、毎時16万Lのウォッシュを蒸留し、カティサーク、フェイマスグラウス、J&Bなど多くのブレンド用グレーンウィスキーに使用されています。
  • 環境問題にも力を入れており、発酵によって発生した二酸化炭素をビールや炭酸飲料用のガスとして販売しています。1週間で回収されるCO2は缶ビール4億本にものぼります。
  • 1年間で5万トン分のダークグレインを生産する飼料工場を併設しています。一方、環境対策へのコスト対策として、2002年にモルティング施設を閉鎖し、郊外で熟成を行なっています。
  • 残念ながら蒸留所は一般公開されていません。
タイトルとURLをコピーしました