ジュラ蒸留所/Jura

ジュラ蒸留所(Jura)は、スコットランドのジュラ島唯一のモルトウイスキー蒸留所で、アイル・オブ・ジュラ蒸留所とも言われます。スコッチウイスキーの区分としてはアイランズに属し、エンペラドール社/ホワイト&マッカイ社が保有しています。

ジュラ島(Jura Isle)

ジュラ島の南西にはアイラ島があります。
アイラ島とジュラ島を隔てる海峡は潮の流れが速いことでも有名です。

ジュラ島は島民200人ほどで道路も1本しかない静かな島ですが、5,000匹以上の野生のアカシカがいると言われていて、「ジュラ」の由来は北ゲルマン語で「鹿」を意味する言葉に由来するとも言われています。

この島では良質な水・ピート・清澄な空気に恵まれていたこともあり、1502年には既にウイスキーの密造が行われていたそうです。

ジュラ蒸留所の歴史

ジュラ蒸留所は1810年に創業されています。当時は「スモールアイル」という名称でしたが、1831年に現在の蒸留所名になりました。

その後、1901年に閉鎖・取り壊しとなった歴史がありますが、1963年に改めて再建され現在に至っています。

特に1995年にホワイト&マッカイ社が買収してからは蒸留所の大改革が進められており、交通の便が悪い地域ながら多くの人が観光に訪れるようになり、現在では年間で2,200万Lのウイスキーを生産しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • 仕込み水は標高約300mの場所にあるロッホ・ア・ヴァレ・ヴァルケイ(マーケット湖)の水を使用しています。
  • 醗酵槽はステンレス製のものが6基あり、高さ8mのランタンヘッド型のポットスチルが4基あります。

主な製品ラインナップ

アイル・オブ・ジュラ オリジン/Isles of Jura ORIGIN ★★★

バーボン樽で10年熟成されたモルトのみを使用されているとのことで、オーク材由来の蜂蜜やキャラメルなどの甘さが感じられるとのこと。

原料 モルト
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 中価格(2,000~4,000円)
購入時期 2017年9月
おすすめ飲み方 ストレート、ロック、ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

ストレートで飲んでもスモーキーさは感じられずアルコール感も弱めで、レモンのような爽やかな香りとビターな甘さが入ってきて、加水しなくても飲みすすめることができす。
ロックでは丸みを帯びた味わいになり、個人的には氷が溶け始めの頃合が美味しかったです。
ハイボールにしたところ、こちらも甘さが先行し、続いてバーボン樽でしょうか?樽の香りがやってきます。

全体的に甘い味わいが先行するので飲みやすいので、女性にもおすすめできる1本かとおもいます。

ジュラ ジュラックスオウン/DIURACHS’ OWN

16年熟成です。バニラやはちみつのような香りが印象的です。

ジュラ スーパースティション/SUPERSTITION

軽めに焚いたピート麦芽を使用していて、程よい甘みとスモーキーでスパイシーな味わいです。

ジュラ プロフェシー/PROPHECY

アイラモルトよりアイラらしいと評判で、湖の香りとスモーキーでスパイシーな味わいが特徴です。
40ppmのヘビーピーテッド麦芽から蒸留された1999年ヴィンテージをメインに、シェリー樽とリムーザンオーク樽熟成のノンピート原酒を加え、複雑なフレーバーに仕上がっています。

タイトルとURLをコピーしました