ジョニーウォーカー

ジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER)は、ディアジオ傘下のジョン・ウォーカー&サンズによって製造販売されている世界的に有名なスコッチウイスキーブランドです。

一部製品(グリーンラベル)を除き、ブレンデッドウイスキーに分類されます。また、定番ボトルの他にも様々な限定ボトルをリリースしています。

2009年10月以降、日本ではディアジオジャパンに代わりキリンが輸入販売を行なっています。

ジョニーウォーカーの歴史

創業者のジョン・ウォーカーは、1805年にキルマーノック(Kilmarnock)のトッドリグス農場で生まれました。14歳の1820年、父親の死を契機に農場を売却しキルマーノックで小さな食料雑貨店を開きます。その中でオリジナルウイスキー(Walker’s Kilmarnock Whisky)の販売を開始したことがジョニーウォーカーの始まりです。

1837年、創業者ジョン・ウォーカーと妻エリザベスの間にアレキサンダー・ウォーカーが誕生します。ジョニーウォーカーのブランドは、この息子の活躍が大きいと言われています。
アレキサンダーは10代の頃から父親の食料雑貨店を手伝い、1852年にキルマーノックの洪水により壊滅被害を受けた事業を数年で復活させるほどの手腕を発揮したと言われています。
1857年に父のジョン・ウォーカーが亡くなってからは父親の事業を引き継ぎ、1860年頃より航海に出る船長たちにオリジナルウイスキーの販売を委託し世界中へ出荷をはじめ事業をさらに拡大させました。

1889年にアレキサンダーがこの世を去ると、2人の息子(ブレンダーのアレキサンダー2世と経営者のジョージ)がさらなる成功へと突き進みます。手始めに1893年、20,500ポンドでカーデュ蒸留所を買収し、競合ブレンダーに先んじて安定供給を成功させます。
1906年にはブレンダーのアレキサンダー2世が情熱を注いだ「オールドハイランド」「スペシャルオールドハイランド」「エクストラスペシャルオールドハイランド」の3つの主力ブランドが確立します。
1908年にブランドの一新が行なわれ、これまでの「ウォーカーのキルマーノックウイスキー」から「ジョニーウォーカーウイスキー」となり、1910年には「ジョニーウォーカー レッドラベル」と「ジョニーウォーカー ブラックラベル」が登場しました。

2020年、創業者のジョン・ウォーカーが食料雑貨店を開いた1820年から200周年を記念した限定ボトルが発売されました。ジョニーウォーカーブランドのスローガンである“KEEP WALKING”の文字がボトルのサイド面に掲げられています。
 

製法の特徴・こぼれ話

  • 第2次世界大戦中のイギリス首相のウィンストン・チャーチルが愛飲していました。
  • 初代アレキサンダーは象徴的な四角いボトルを1870年に発表しました。24度に傾いたラベルも有名です。
    このデザインは1877年に意匠登録されていますが、1920年から全てのブランドに採用されています。この個性的なデザインのおかげで世界中に知れ渡りますが、実は輸送の際の衝撃から瓶を守るというメリットもあるそうです。
  • ラベルに描かれている紳士「ストライディングマン」は、1908年に漫画家のトム・ブラウン(Tom Browne)が、ウォーカー兄弟との昼食会で創業者ジョン・ウォーカーに似せて描かれていると言われています。
  • 1989年より「ジョニーウォーカー(R)クラシック」の母体となるゴルフイベントの後援をしていますが、ジョニーウォーカーとゴルフとの関わりはそれよりも古く、1926年からホールインワン賞を導入(賞状とボトルが授与)していました。1931年には、当時のイギリス皇太子殿下が受賞されたという記録も残っています。
  • F1チーム「Vodafone Mclaren Mercedes」2005年よりF1チーム「Vodafone Mclaren Mercedes」とのパートナーシップを締結しています。

主な製品ラインナップ(通常ボトル)

ジョニーウォーカーのブランドは各ボトルを色で識別できるようにしています。20世紀初頭はまだ文字を読める人が少なかったこともあり、ラベルの色をそのまま商品名にしたといわれています。​

ジョニーウォーカー レッドラベル/Red Label★★★

「ジョニ赤」の愛称で親しまれているエントリーボトルで、シリーズの唯一ほかの物と混ぜて飲むことを念頭においている製品ということです。
スコットランド東岸の軽快なウイスキーと西岸のピーティなウイスキーがブレンドされていて、力強いスパイシーさ・爽快さ・スモーキーな香りが感じられるウイスキーの魅力全てが詰まった1本という謳い文句です。

  • 原材料:モルト、グレーン
  • アルコール度数:40%
  • 購入日:2017年5月、2020年7月、2020年11月

ストレートでは、刺々しい辛さはないものの若い原酒由来?の飲み辛さが感じられます。
ロックでは華やかな甘みとスモーキーな味わいが控えめに出てきます。
少し濃いめのハイボールにしてみると、仄かな甘みと乾いたスモーキーさが長く味わえます。

お手頃価格ながら、ドライなスコッチの味わいが感じられすオススメの1本です。ハイボールがおすすめです。

2020年7月、箱入りのレッドラベルを購入しました。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年/BLACK LABEL★★★★

イギリスではウイスキーの最高傑作と絶賛され、日本でも「ジョニ黒」の愛称で日本にも1957年から輸入されています。当時は1本の値段が新卒サラリーマンの2か月分のお給料相当のお値段だったそうで、憧れのウイスキーだったそうです。
カーデュとタリスカーをキーモルトとして、熟成12年以上のモルトとグレーンを40種類も使用しているそうです。モルトだけでも29種の原酒をブレンドしているそうです。

  • 原材料:モルト、グレーン
  • アルコール度数:40%
  • 購入日:2017年6月、2020年12月

ストレートではスモーキーさとバニラのような甘い香りが感じられます。
ロックではフレッシュな酸味も感じられます。全体的にコクがあってリッチな味わいがします。
ハイボールももちろん美味しかったのですが、ロックで感じたスモーキー×爽やかな酸味が少し薄まって感じられます。

全体的に変な癖がなく、2,000円前後ながらストレートやロックで楽しめる大変おすすめな1本です。

ジョニーウォーカー ダブルブラック

年数表記はありません。熟成年数にこだわらず「スモーキーさ」と「豊かな香りとコク」を力強く表現させるためです。スムースでありながら、深みのある豊かな香りと、コクのある甘さが際立った味わいが特徴といわれています。

ジョニーウォーカー グリーンラベル(15年)

15年以上熟成させたモルト原酒のみブレンドしたヴァッテッドモルトウイスキーです。
タリスカー、リンクウッド、クラガンモア、カリラをキーモルトとしています。

ジョニーウォーカー ゴールドラベル リザーブ(18年)

ジョニーウォーカー スイング

他のシリーズと異なり、ドラクエのスラムのようなボトルが特徴的。1932年から発売されていますが、これは荒れた海の振動からウイスキーを守るためだそうで、傾けても真っ直ぐに戻るそうです。

ジョニーウォーカー プラチナムラベル

ジョニーウォーカー ブルーラベル

1/10,000の確率でしか存在しない完璧に熟成された原酒のみをブレンドされていると言われています。

タイトルとURLをコピーしました