Wash back/ウォッシュバック

Wash back/ウォッシュバック(発酵槽)は、糖化後に冷却した麦汁と Yeast/酵母 を混ぜ合わせる大きな樽のことです。

ステンレス製のものが一般的ですが、昔ながらの木製のものを使用している蒸留所もあります。
木材には乳酸菌等の成分が多く含まれていることから味わいが豊かになるものの、温度管理や清掃がしにくいという点でコストがかかります。

スイッチャー/switcherと呼ばれる泡切り器がついています。

タイトルとURLをコピーしました