Pernod Ricard S.A./ペルノ・リカール社

ペルノ・リカール社/Pernod Ricard S.A.は、ワイン・スピリッツで世界1位の売上を誇るフランスの世界的酒造メーカーです。

ペルノ・リカール社の歴史

1975年、ペルノ社とリカール社が合併してペルノ・リカール・グループ誕生しました。

1988年にジェイムソン・アイリッシュ・ウィスキー社/Jameson Irish whiskey、2001年にシーグラム社(カナダ)のワイン・スピリッツ部門を、2005年にフォーチュン・ブランズ社(アメリカ)とアライド・ドメック社(イギリス) を買収し、ワイン・スピリッツ部門で Diageo/ディアジオ社 に次ぐ世界第2位の企業グループとなりました。

2008年3月、スウェーデン政府からヴィン&スピリト社を買収したことで、ワイン・スピリッツ部門で世界第一位の企業となりました。

アライド・ドメック社/Allied Domecq

Ballantine’s/バランタイン、アベラワー、ロング・ジョン、シーバス、カナディアン・クラブといった強力なブランドを有していました。

シーバス・ブラザーズ社

ペルノ・リカール社のスコッチウイスキーを統括している子会社です。

アイリッシュ・ディスティラーズ社/Irish Distillers Ltd/IDL社

アイリッシュウイスキーを統括している子会社です。ウイスキーだけでなく、ジンやウォッカなどスピリッツも製造しています。

IDL社は、アイリッシュウイスキー不況の煽りを受け1966年、コーク社/Cork Distilleries Company、ジョン・ジェムソン社/John Jameson&Son、ジョン・パワー&サンズ社/John Power&Sonの3つのアイリッシュウイスキー蒸留所を合併させて設立されました。
アイリッシュウイスキーの売り上げの減少を逆転させるため、コークとダブリンにある既存の蒸留所を閉鎖し、コークのミドルトンにある既存の蒸留所と並んで敷地が新しい蒸留所を建設させ、生産を集結させました。

1972年、ブッシュミルズがグループに加わったことで、IDL社はアイルランドのすべてのウイスキー生産を完全に管理することになります。

1975年、新ミドルトン蒸留所で集結して生産が始まり、2つのダブリン蒸留所での蒸留が1年後に終了しました。(ブッシュミルズの蒸留所は操業継続)

パワーズジョンズレーン蒸留所の多くは取り壊されており、残りの建物は現在保護されている構造であり、全米芸術デザイン大学の一部となっています。

1988年、現ディアジオ社からの敵対的買収の攻撃を受けた際、ホワイトナイトとして登場したペルノ・リカール社によって買収されました。

2005年、ブッシュミルズはディアジオ社へ売却されました。
さらに2016年にパディブランドはサゼラック社に売却されましたが、生産自体はミドルトン蒸留所で継続されています。

タイトルとURLをコピーしました