Peat/ピート

泥炭とも言われ、草木や水草などが水の中に埋没し腐敗したもので、寒冷地の沼地や湿地などで発掘されます。15cm堆積するのに約1,000年かかると言われています。

スコットランドでは古くから家庭での燃料として使用されていましたが、ウイスキーづくりにおいては、乾燥燃料としてピート使用することで、スコッチモルトウイスキー特有の香りの一つとなる”スモーキーフレーバー”が麦芽に染み込みます。

スモーキーフレーバーの内容は、ピートが掘り出された場所や深さ、炭化具合、ピートの焚き時間などによって違いが出ます。

一般的には、春に切り出し、数ヶ月かけて天日干しして燃料として使用されます。

タイトルとURLをコピーしました