Malt Mill/モルトミル蒸留所

Malt Mill/モルトミル蒸留所は、かつてスコットランドのアイラ島に存在していたモルトウイスキー蒸留所です。

地域 スコットランド:アイラ
ウイスキーカテゴリ スコッチウイスキー、シングルモルトウイスキー
名称の由来
オーナー・製造元 Diageo/ディアジオ社
日本での販売元
Water source/仕込み水

モルトミル蒸留所の歴史

1908年、WHITE HORSE/ホワイトホース のオーナーである Peter Mackie/ピーター・マッキー により、Lagavulin/ラガヴーリン蒸留所 の敷地内に創業しました。

この蒸留所はマッキーが Laphroaig/ラフロイグ蒸留所 との遺恨のために作られた蒸留所で、ラフロイグからディスティラーを引き抜き、スチルの形状もモルトもラフロイグと同一のものを使用し、ラフロイグの市場シェアを奪おうという魂胆でしたが、ラフロイグを脅かす存在にはならず、1960年に操業停止しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • 1962年に工場設備は取り除かれ、建物はラガヴーリンのビジターセンターとなっています。
  • 蒸留器の一部は、7年間ほどラガヴーリンで使用されていました。
タイトルとURLをコピーしました