The Macallan/マッカラン蒸留所

The Macallan/マッカラン蒸留所は、スコットランドのスペイサイド地方にあるモルトウイスキー蒸留所です。日本国内でのスコッチウイスキーとして長い間人気を博しています。

地域 スコットランド:スペイサイド
スペイ川中流域他 クライゲラキ村対岸
ウイスキーカテゴリ スコッチウイスキー、シングルモルトウイスキー
名称の由来
オーナー・製造元 Edrington/エドリントン社
日本での販売元 Suntory/サントリー社
Water source/仕込み水

 

マッカラン蒸留所の歴史

正式な創業年は1824年ですが、それ以前から「マッカラン農場の命の水」として知れ渡っていました。

製法の特徴・こぼれ話

  • 蒸留所内には、1700年にジョン・グラント大佐が建てたイースターエルキーハウスと呼ばれる邸宅を構えています。
  • Pot still/単式蒸留器 は、スペイサイド地方で最も小さいサイズのものを使用しています。小型のポットスチルは手間がかかる反面、密度の濃い蒸留酒が出来上がります。
  • 使用される Cask/カスク にもこだわり、蒸留所で作成した新樽をスペインのシェリー業者へ渡し、2年間ドライ・オロロソシェリーの熟成で使用した空き樽を使用しています。
  • 原料の麦芽も蒸留所専用のものを使用しています。
  • 白洲次郎は、イギリス留学時代からマッカランを愛飲していて、日本帰国後もイギリスの知人から樽単位で送ってもらっていたと言われています。

主な製品ラインナップ

シェリー樽由来のドライフルーツやバニラの芳醇な香りで、華やかさと上品さがあり濃厚な味わいが特徴と言われています。

  • ザ マッカラン 12年
  • ザ マッカラン 18年
  • ザ マッカラン 25年
  • ザ マッカラン 30年
タイトルとURLをコピーしました