Loch Katrine Adelphi/ロッホカトリン・アデルフィ蒸留所

ロッホカトリン・アデルフィ蒸留所/Loch Katrine Adelphiは、かつてスコットランドのローランド地方にあったモルトウイスキーとグレーンウイスキー蒸留所です。

地域 スコットランド:ローランド
グラスゴー
ウイスキーカテゴリ スコッチウイスキー
シングルモルトウイスキー
グレーンウイスキー
名称の由来
オーナー・製造元 Adelphi/アデルフィ社
日本での販売元
Water source/仕込み水

ロッホカトリン・アデルフィ蒸留所の歴史

1826年、チャールズとデビッドのグレイ兄弟/Charles and David Greyにより、グラスゴーを流れるクライド川に架かるビクトリア橋のすぐ南の果樹園の地に創業しました。当初はアデルフィ蒸留所という名で、グラスゴーで最も成功した蒸留所とも言われていました。

当時の水源は不明ですが、1859年にグラスゴー市がカトリン湖から市内への大規模な水道事業を手がけると蒸留所も水源をこちらに変更し、1870年に蒸留所の名称をロッホカトリン・アデルフィ蒸留所/Loch Katrine Adelphiに変更しました。

1880年、蒸留所はMessrs A. Walker社に買収されます。
オーナーのArchibald Walkerは蒸留所に大規模投資が行ない、グレーンスピリッツ生産用としてコフィースチルも設置します。その他にも製麦設備や4基ポットスチルも備え、1886年には年間最大で235万Lの生産量を誇りました。

しかし不況の流れには逆らえずその勢いは衰退、1902年にDCL社によって買収されました。
更に不運なことに1906年には蒸留タンクが横倒しになって死者が出る事故が発生。様々な不運が重なったことで1907年にモルトの蒸留が終了、グレーン蒸留も1932年には終了となりました。

以降も貯蔵庫は活用されていましたが1970年代に施設は取り壊され、現在跡地にはイスラム寺院が建てられています。

タイトルとURLをコピーしました