Dumbarton/ダンバートン蒸留所

Dumbarton/ダンバートン蒸留所は、スコットランドのローランド地方にあったグレーンウイスキー蒸留所です。

地域 スコットランド:ローランド地方
リーヴェン川河口
ウイスキーカテゴリ スコッチウイスキー、グレーンウイスキー
名称の由来
オーナー・製造元 Ricard S.A./ペルノ・リカール社

ダンバートン蒸留所の歴史

1938年にハイラム・ウォーカー社が現在の価値で700億円超を投じ、長らく Ballantine’s/バランタイン で使用するグレーンウイスキー蒸留を行なっていました。

2002年に閉鎖後、現在は州政府のオフィスとして利用されています。

製法の特徴・こぼれ話

  • 蒸留施設のほかにも貯蔵庫やブレンディング・ボトリングを行なう複合的な工場も併設されていました。
タイトルとURLをコピーしました