【Distillery】グレンダラン蒸留所

グレンダラン蒸留所/Glendullanは、スコットランドのスペイサイド地方ダフタウンにあるモルトウイスキーの蒸留所です。ディアジオ社が所有しています。

グレンダランは「ダラン川の谷」という意味ですが、実はダラン川よりもフィディック川の近くに建てられています。どちらの川もスペイ川の支流です。

グレンダラン蒸留所の歴史

1897年、アバディーン/Aberdeenに拠点を構えるウィリアムズ&サンズ社/William & Williams & Sonsによって創業されました。
「ダフタウンの7つの蒸留所」として最後に建てられた蒸留所となり、ダフタウンで稼働している蒸留所の中で最も東に位置しています。

1902年に国王エドワード7世に献上されて以降、王の愛飲するウイスキーとして名を馳せました。

第1次世界大戦の不況の煽りを受け、1919年にマクドナルド・グリンリース社に買収されて以降、現在はディアジオ社管理の蒸留所となっています。

1940年~1947年までの間は世界大戦のため操業を一時閉鎖していましたが、1962年から蒸留所の大規模改修が行われ、さらに1971年に6基の蒸留器を備えた新しい蒸留所が建設されました。
一時期は旧蒸留施設と並行稼動していましたが1985年に旧領流施設が閉鎖されています。

製法の特徴・こぼれ話

  • フィディック川からの水源であるコンバルヒルの泉は、仕込み水としてだけでなく電力供給としても利用されています。
  • シングルモルトとしての流通はあまりありませんが、ブラック & ホワイトオールドパーの原酒として利用されています。

主な製品ラインナップ

かつては「花と動物」シリーズの12年物や、長期熟成ボトルが販売されていました。

2007年以降、北米向けに「シングルトン・オブ・グレンダラン/Singleton of Glendullan」という12年熟成のシングルモルトが販売されています。

新鮮な青リンゴを思わせるフルーティな熟成香と、トウガラシのようなぴりぴりした舌触りが特徴的だと言われています。

タイトルとURLをコピーしました