江井ヶ嶋酒造/Eigashima Shuzo

江井ヶ嶋酒造(Eigashima Shuzo)は、兵庫県明石市の瀬戸内海沿いにある酒造メーカーです。
1888年に卜部兵吉が日本酒メーカーとして創業し、模倣品を防ぐために初めて日本酒の一升瓶工場を造ったことでも有名ですが、日本酒だけでなく焼酎やワイン・ウイスキーなども製造しています。

江井ヶ嶋酒造ウイスキー作りの歴史

1919年にウイスキー製造免許を取得し「ホワイトオーク(White Oak)」という名のウイスキーを販売しています。サントリーやニッカよりも古い歴史を持つのですが、当時は蒸留所にポットスチルがなく、どのようなウイスキーであったかは不明で、メーカー自身も日本発のウイスキーということを大々的には謳っていません。

1984年にポットスチルを導入後は安価なウイスキーを製造していましたが、2007年からシングルモルトウイスキーを発売し、静かに人気を博しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • 英国産麦芽を100%原料としています。
  • ポットスチルは2基、ウォッシュバックは4基、熟成庫は1棟でラック式で貯蔵しています。
  • ウイスキー製造は年間通して行なわれているわけではなく、日本酒と焼酎の醸造シーズンが終わった6月~7月の間、日本酒の醸造を終えた杜氏が製造を担当しています。

主な製品ラインナップ

全体的に丸みを帯びたボトルが可愛らしくて特徴的です。

​あかしレッド

淡麗でお手ごろ価格のブレンデッドウイスキー。ロックやソーダ割りがおすすめ。

​ホワイトオーク 地ウイスキーあかし/White Oak AKASHI ★★★

英国産麦芽を100%使用したモルト原酒をオーク樽で貯蔵してブレンド・カラーリングしたブレンデッドウイスキーです。モルトの香り華やかに、淡麗でやや辛口な気軽に味わいとのことで、ロック、ハイボールがオススメとのことです。

原料 モルト・グレーン
アルコール度数 40度
700mlあたりの価格目安 低価格(1,000~2,000円)
*500mlで販売
購入時期 2018年3月
おすすめ飲み方 ハイボール
評価(★~★★★★) ★★★

お値段的に若い原酒を使用していると思うのですが、アルコールのキツさは比較的抑えられていて、モルトの香りがしっかり感じられます。
ストレートやロックではインパクトは少なかったですが、ハイボールでは甘みが強く感じられ、そつなく飲みやすいです。

地ウイスキーとしてはお値段も手ごろで入手しやすく、大手のジャパニーズウイスキーから1歩離れて気分転換に味わう1本として最適です。

ホワイトオーク シングルモルトあかし

シェリー樽やバーボン樽で貯蔵したモルトをバッティングしたブレンデッドモルトウイスキーです。ノンチルフィルター・ノンカラーで、スウィートでウッディな香りと、スパイシーかつピーティ味わいを楽しむことが出来ます。

あかしオロロソシェリーカスク3年 1st fill

オロロソのファーストフィルで3年6ヶ月貯蔵し、ノンチルフィルターで着色もせずに瓶詰めされたシングルモルトウイスキーです。
バニラやカラメルの甘い香りに、ほどよいタンニン・ピーティーさを感じることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました