【DISTILLERY】Midleton/ミドルトン蒸留所

Midleton/ミドルトン蒸留所は、アイルランドのコーク/Cork郊外にあるアイリッシュウイスキー蒸留所です。Pernod Ricard S.A./ペルノ・リカール社 /アイリッシュ・ディスティラーズ社が経営しています。
コークはアイルランド最南部にあり、温和な気候な人口10万人強の国内第2の都市です。
街の外れにあるコーク湾は大西洋航路の基点となっていて、映画で有名なタイタニック号が最後に寄港した港として有名だそうです。

ミドルトン蒸留所の歴史

1825年にジェームス・マーフィー/James Murphyを中心とした3兄弟(他はジェレマイアとダニエル)が、1796年に建てられた元紡績工場を買取り蒸留所に改装して操業開始されましたが、1975年に創業を停止、現在はJameson Heritageとして博物館として利用されています。

現在稼動している新ミドルトン蒸留所は1975年操業開始しました。
蒸留所の立て替えには、20世紀半ばアイリッシュウイスキー業界の長い低迷期に陥っていたことが背景にあります。

製法の特徴・こぼれ話

  • 世界最大の蒸留器を有しており、原料に大麦を使う伝統的なピュアポットスチルウイスキーを生産している唯一の蒸留所です。
  • 4種類の Pot still/単式蒸留器 によってアルコール度数の異なる原酒を造り出しています。
  • 未発芽の大麦も使用しています。
タイトルとURLをコピーしました