【DISTILLERY】Kilbeggan/キルベガン蒸留所

Kilbeggan/キルベガン蒸留所は、Beam Suntory/ビーム サントリー社 がアイルランドに所有しているウイスキー蒸留所です。

キルベガン蒸留所の歴史

Brusna/ブルスナ蒸留所 が閉鎖後、1970年代から地元の有志により蒸留所を復元、博物館として公開すると、1988年にクーリー社がロック蒸留所とキルベガンブランドの商標権を取得。その後、ブルスナ蒸留所創業から250年を迎えた2007年に蒸留を再開しています。

製法の特徴・こぼれ話

  • 使われている2基の銅製ポットスチルのうちの1つは1800年代初めに作られたもので、かつてはタラモア蒸留所で利用されており、ウイスキー生産のポットスチルとしては世界最古と言われています。
  • 蒸留所のビジターセンターは2008年のウイスキーマガジンのイコンス・オブ・ウイスキービジターアトラクション部門にもノミネートされている人気の高いビジターセンターとなっています。
タイトルとURLをコピーしました