【COMPANY】NIKKA WHISKY/ニッカウヰスキー社

ニッカウヰスキー社/NIKKA WHISKYは日本の老舗ウイスキーメーカーです。
親会社はアサヒグループHD社で、余市蒸留所と宮城峡蒸留所を保有しています。

ニッカウヰスキーの歴史

ニッカウイスキーの歴史は、1934年に大日本果汁株式会社として北海道余市に工場が設立されたことに始まります。当初はニッカ林檎汁(アップルジュース)を製造販売していました。
1936年にウイスキー・ブランデーの製造免許を受け製造を開始し、1940年からニッカウヰスキー・ニッカブランデーの発売を開始しています。

1952年に社名を現在のニッカウヰスキー株式会社に社名変更後、1963年にグレーンウイスキーの製造として西宮工場にカフェ式連続式蒸留器を英国より導入しています。現在は宮城峡蒸留所に移設されていますが、柔らかくも厚みのあるほのかな甘い味わいを持ち、他社のグレーンウイスキーと一線を画しています。モルト同士の個性を調和させるとともに、柔らかくまろやかな余韻をブレンデッドウイスキーに残しています。

1989年にはベン・ネヴィス蒸留所の経営権取得。2001年、アサヒビール株式会社と営業統合し現在に至ります。

製法の特徴・こぼれ話

余市と宮城峡の蒸留所では異なるポットスチルと加熱方式を導入し、違うタイプのモルトを生み出しています。

余市蒸留所

竹鶴政孝が学んだロングモーン蒸留所と同様のポットスチル形状、加熱方式を導入しています。
ポットスチルはストレートヘッド型で、胴体部分に膨らみがなく上部のラインアームは下向きで重厚でコクのあるモルトが生まれるとされています。
また、創業当時から火をゆっくりと焚きながら蒸留する石炭直火蒸留により、香り高く力強いモルトを生み出します。温度が上がりすぎないように熟練職人が石炭をくべ続け、燃えカスを取り出し続けます。
2002年、世界的なスコッチモルト愛好家の会員組織”ザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサイエティ(SMWS)”がモルトウイスキーの蒸留所として日本で初めて余市を認定しました。

宮城峡蒸留所

1969年完成した蒸留所です。
ポットスチルはバルジ型(ボール型)で胴体部分に膨らみがあります。上部のラインアームは上向きで、軽やかでスムースなモルトが生まれると言われています。

蒸気を使ったスチーム間接蒸留により、華やかな香りのモルトを生み出しています。
ポットスチルの底と釜の内部にめぐらせたパイプにスチームを通し、余市の石炭直火蒸留より低温の約130℃でじっくりと蒸留しています。

主な製品ラインナップ

  • シングルモルト
    • シングルモルト 余市
      1989年発売を開始しています。
      2001年にはシングルカスク余市10年がwhisky magagine「BEST OF THE BEST 2001」最高得点獲得。2008年には、WWA3008で「シングルモルト余市1987 Yoichi 20 Years old 1987」がシングルモルトウイスキー部門で世界最高賞を獲得。
      伝統的な石炭直火蒸留による香ばしさとコク、心地よいピート感が特徴です。
    • シングルモルト宮城峡/SINGLE MALT MIYAGIKYO(N/A)
  • ブレンデッドモルト
    • 竹鶴 ピュアモルト
      創業者の竹鶴政孝の名を冠した名作で、余市モルトと宮城峡モルトが絶妙にブレンドされています。華やかさと飲みやすさを追求していると言われており、香りがよく、43度ながらも飲みやすいと言われています。
      2007年、WWA2007で「竹鶴21年ピュアモルト」がブレンデッドウイスキー部門で、世界最高賞を獲得。2009年、ISC2009で「竹鶴21年ピュアモルト」がウイスキー部門の最高賞にあたる「トロフィー」を受賞。WWAを同時受賞。
      2015年、WWA2015で「竹鶴17年ピュアモルト」がブレンデッドウイスキー部門で、世界最高賞を獲得。単一ブランドとして、7回受賞はWWA史上初。
  • グレーン
    • ニッカ カフェグレーン
    • ニッカ カフェモルト
  • ブレンデッド
タイトルとURLをコピーしました