カナディアンウイスキー

トウモロコシをベースにライ麦などがブレンドされているのが特徴で、五大ウイスキーの中で一番ライトな飲み応えです。

カナディアンウイスキーの歴史

カナダでは、17世紀後半から穀物蒸留酒を製造されていたと言われています。
やがてアメリカから移住したイギリス系住民が、Prohibition/米国での禁酒法 時代のアメリカに大量に密輸して発展しました。

 

カナディアンウイスキーの定義

カナダの法律では「穀類のみを原料とし、カナダ国内で蒸留、容量180リットル以下の樽を用いて3年以上国内で熟成させたもの」がカナディアンウイスキーと定義されています。

製造工程で使用されるウイスキーは以下のように呼ばれています。

ベースウイスキー/Base
(≒サイレントスピリッツ)
トウモロコシを原料に、Column still/連続式蒸留器 で蒸留。
スパイシーで、ニュートラルスピリッツに近い。
基本的に主に新樽ではなく3年以上使用された樽で熟成される。
フレーバリングウイスキー/Flavoring
(≒ラウドスピリッツ)
ライ麦などを原料に連続式蒸留器で蒸留。
アルコール度数で60~70度、穏やかな香りが特徴。

カナディアンウイスキーの主なメーカー・ブランド

タイトルとURLをコピーしました