【Distillery】キャメロンブリッジ蒸留所

キャメロンブリッジ蒸留所/Cameronbridgeは、スコットランドのローランド地方ファイフにあるグレーンウイスキー蒸留所です。
ディアジオ社が保有しており、グレーンウイスキーを製造した最初の蒸留所とも言われています。
現在はジョニーウォーカなど数々の有名なブレンデッドウイスキーを支えているほか、ホワイトスピリッツも生産されています。

キャメロンブリッジ蒸留所の歴史

創業者はジョン・ヘイグ

1824年、ジョン・ヘイグ/John Haigにより創業されました。
ジョン・ヘイグの一族はファイフ地方で代々有名なウイスキー一族で、ジョン・ヘイグの父親のウイリアム・へイグは1810年にセギー蒸留所を建設しています。
ジョン・ヘイグは20代前半の頃にジョン・ヘイグ社の設立とともにキャメロンブリッジ蒸留所を創業しました。DCL社創立メンバーのひとりでもあります。
なお、1826年に連続式蒸留器を発明したロバート・スタインは彼の従兄弟にあたります。

巨大グレーンウイスキー工場

1827年、前年に発明された連続式蒸留器を導入しグレーンウイスキー蒸留所になりました。1832年には、より効率的なカフェ式蒸留器をを設置しています。
その後も発展を続け、現在ではグレーンウイスキー蒸留能力が年間1億500万リットルというヨーロッパ最大の能力も持っています。シングルモルト蒸留所の中で大規模と言われるグレンフィディックでも1,000万リットル程度なのでまさに桁違いです。
原料となる穀物は毎週4,000tも使用されており、これはスコットランド全体の小麦の15%に相当するらしいです。
この蒸留所ではホワイトスピリッツの蒸留も年間で4,000万~4,500万リットル生産されているので、グレーンウイスキーと併せると年間約4億本分のアルコールを生産していることになります。

タイトルとURLをコピーしました