アードナムルッカン(西ハイランド地方)

アードナムルッカン蒸留所(Ardnamurchan)は、スコットランドの西ハイランド地方でも最西端のグレンベッグにあるモルトウイスキー蒸留所です。独立系ボトラーとして名高いアデルフィが所有する初めての蒸留所です。

アードナムルッカン蒸留所の歴史

2014年にアデルフィ社がオープンした蒸留所で、歴史というほどの時間はまだ経っていません。
最低でも8年間はウイスキーとしてはリリースしないそうで、ウイスキーの味わいを楽しめるのは早くても2022年辺りとなり、それまでの間は蒸留所見学やアデルフィ社のからの資金援助で賄っていくそうです。

製法の特徴・こぼれ話

  • サステナビリティの観点から、熟成を含むウイスキーづくりの全行程を蒸留所内で行なうだけでなく、原料も地元産のものにこだわっています。
  • 蒸留所の規模としては年間で50万リッターのアルコールが生産でき、ピーテッドとノンピーテッドのウイスキーをほぼ半々で生産しています。
  • グレンモアの泉の水を使用していて、アデルフィ社のアレックス・ブルース氏によると、蒸留所の候補地は7ヶ所あったが、十分な水が入手できる場所は現在の場所だけだったそうです。
  • プライベート・カスク・オーナーシップという原酒の樽販売を行なっていて、ピーテッドかアンピーテッドの原酒、樽もバーボン樽かシェリー樽どちらに詰めるかを選べます。TBS系列の深夜番組『クレイジージャーニー』という番組で、目白田中屋店主の栗林幸吉さんがこちらの蒸留所を訪れた際に衝動買いされていました。

主な製品ラインナップ

熟成3年未満の原酒をスピリッツとして2016年から限定発売していますが、日本では正式には流通していないようです。

タイトルとURLをコピーしました